World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed | トップページ | NA-211 K7TRI Tillamook Rock (1st day operation) »

2019年9月 7日 (土)

突然のAS-206 JR0ZDE/0 Sado Island運用

昨晩からJI3DST/0 AS-206 Sado Islandの舟木さんが運用を開始されました。昼過ぎまで台風13号の強い吹き返しで洗濯物も干せない状況でアンテナをベランダから振り出すことができませんでした。夕方に同じAS-206 Sado IslandからJR0ZDE/0のクラスターレポートが上がり始めました。総務省の無線局検索にて「新潟県佐渡市」「あいびすアマチュア無線クラブ」が判明しました。

ところがQRZ.comには未登録、そしてJARL未加入、もちろんjarl.comもありませんでした。

IOTA CP JAホームページでも、次のIOTAから運用する場合、上陸証明などの証明書をIOTA LtdのValidation Teamへ提出しなければAS-206としてクレジットを受けられませんと紹介してあります。IOTAクレジット率が25%未満のものです。

AS-030  20.6% 硫黄島
AS-036  23.3% 壱岐・対馬
AS-043  22.1% 伊豆諸島南部
AS-056  18.4% 男女群島
AS-067  20.8% 宇治・草垣諸島
AS-194P  0.0% 尖閣諸島
AS-200  24.3% 四国沿岸
AS-206P  5.0% 本州沿岸東日本 

大昔は郵送でRSGB IOTA Committeeへ送らなければいけませんでした。ご安心ください、事前に運用プランを送っておくのがベストですが、現在はDX情報に掲載すればよくなっています。さらに、運用後の事後でも1か月以内を目途にIOTA Validation TeamのK3EST Bobさんからアンケート形式のメールが届きます。必要最低限に準備すべきものは佐渡島から運用している写真を撮っておくことです。Sadogashimaなどの文字が入った看板の前で全員並んだ1枚があれば十分です。しかもメールの添付ファイルで結構です。

表題のJR0ZRE/0に関しましてはメールアドレスが不明ですのでK3EST Bobさんを悩ますことになるでしょう。交信されましたお相手もQSL infoがJARL経由でもダイレクトでも現状では送ることができません。どなたかぜひサポートしてあげてください。

佐渡島などの固定局運用においても同じ扱いになると思います。

« NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed | トップページ | NA-211 K7TRI Tillamook Rock (1st day operation) »

コメント

山本さん、

実際に運用した局と連絡が取れ、K3EST Bobに提出すべき情報を伝えました。
ただし、実際の交信数はコンディションが悪く、少なかったのでClub Log Matchingには提供せず、運用の承認のみを受けるとの事でした。
今後も運用の可能性がありそうです。

中嶋さん、おはようございます
対応をありがとうございます。
舟木さんからも数回の連絡をいただき、現地でアイボールをされClub Log Matchingなど手続きのお話をされたそうです。不明の場合の連絡先なども伝えたとありましたので安心しておりました。
きちんと皆さんが理解されて手続きをされていますので嬉しい限りです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed | トップページ | NA-211 K7TRI Tillamook Rock (1st day operation) »