World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« AS-206 Shino IslandのDX情報 | トップページ | Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 »

2019年9月28日 (土)

NA-211 K7TRI Tillamook Rock, VE3LYCからのメール

9月7日から9日まで実施されました表題のNA-211 K7TRIに関しまして、VE3LYCからの報告をいただきました。1か月ほど前にVE3LYCからドネーション協力の依頼を受け、当ブログに掲載しましたところ、それを見られ協力されたJA局と自主的に寄付されたJA局の54局の協力寄付をいただかれたそうです。残念ながら私はその信号を聞くこともできませんでした。

そのため、VE3LYCより9月15日にメールをいただきました。とても残念がっていました。その中に次の報告をいただきました。「K7TRI
3,291 QSOs logged between 2019-09-07 02:26Z and 2019-09-09 18:36Z」と、3,291 QSOsのうち、40.7%がJAだった。さらにJAドナー54局の内、51局の94.4%が交信できたそうです。ちなみにWのドナー交信率は81.4%だったそうです。

現在のJA局のIOTA申請率は13.2%(1月末)から14.0%くらいです。K7TRIとのJA交信割合が4割を超えていますのでコンディションの関係もありますが、JAをピックアップしてくださった効果がでているものと判断できるでしょう。ドナーの割合、QSO数の割合などとJA有利の状態であったようです。

以上、ご報告いたします。

« AS-206 Shino IslandのDX情報 | トップページ | Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 »

コメント

Shuさま

こんばんは、JE6HIDです。
いつもお世話になっております。

これも、Shuさんの、懸命な努力の賜物とも言って過言ではありません。
私のような、アパマン系ハムでも、10MHzは、いただけましたから。

本当に、JAへのドネーション協力のお呼びかけ、ありがとうございます。

毎回JAとの交信が全体の4割を超えるくらいになると本当に凄いでしょうね。(笑い)
AS-206獲得のためにここ1年で多くのJA局がIOTA申請をしてくださったことが大きなベースにあります。さらにドナーもたくさんのJAが協力された結果と思います。
1995年にCWを無性にしたくなりJN6RZMにて再開局しCWによる海外交信にはまり、1997年に日本語版IOTA Directoryを入手してIOTAにはまり、2001年にNA-019 KL7QKと電子メールを利用し、Sked QSOに成功しました。以来、電子メールやSkypeチャットなどを利用し続けました。W/VEの西海岸のIOTAの1st Activatorのほとんどへ電子メールにてアポイントを取るとともに島への上陸の大変さなどを教えてもらいました。
大きな設備にてワンコールで交信出来て楽しむこともよし、私のように20年かけてペディショナーと情報交換しながらその交流を楽しむことも良いと思います。
NA-187 White RockもN6JVとずっと情報交換し続けています。NA-211 Tillamook RockもW5BOSとFacebookでやり取りしてきましたが、N6JVもW5BOS、K6VVAもそうでしょう。私もそうですが、みんな20歳の年をとってしますました。NA-211は次は20年後でしょうか。健康に留意して長生きしないとIOTAクレジットは得られないようです。
しかし、私には交流がありますので彼らとそのつながりを大切にしていきたいと思います。ハイ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-206 Shino IslandのDX情報 | トップページ | Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 »