World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NA-211 K7TRI Tillamook Rock (2nd day operation) | トップページ | AS-206 JJ2ONH/2, JR2NMA/2, JG3DOR/2, JG1LFF/2 Shino Island plan on 20th Oct 2019 »

2019年9月13日 (金)

Change to IOTA Programme Rules, provision E.1.2

IOTAプログラム E.1.2が変更されました。「Fair Play」を基本に置き訴えています。IOTAウエブのIOTA委員会からのお知らせ(IOTA Management News 11-Sep-2019)に掲載されました。

https://www.iota-world.org/ja/management-news/941-change-to-iota-programme-rules-provision-e-1-2.html

To clarify its position on the conduct of operations put on for the IOTA Programme the IOTA Board has updated the text of provision E.1.2 in the IOTA Programme Rules as follows:

IOTA Management attaches importance to the maintenance of fair play as far as is practicable. From time to time a set of circumstances occurs where official intervention is considered justified. One such case is where there is seen to be apparent intentional unfair, even discriminatory, treatment of people in the making of contacts or issue of QSL cards or QSO matches. An example of this is where an expedition to a rare IOTA group follows a clear practice of discriminating against contacts with non-participants in the IOTA Programme or, post-event, of deleting them from the log. In this regard the cardinal principle to be followed must be that it is immaterial whether the contact is a known participant or not in IOTA. Failure to observe fair play in cases like this is sufficient justification for rejection of the operation for IOTA credit on grounds of it bringing the IOTA Programme into disrepute. All participants are asked to have regard for our long established tradition of acting in accordance with the best of ham spirit.

G3KMA, 11 September 2019  

よく考えられた素晴らしい文章です。IOTA LtdのHam spiritにおける遵法主義の遵守と対応に感謝します。

NA-211 K7TRIの出だしのクラスターレポートにK6VVA Rickさんが「IOTA NA-211 Tnx ATNi 970」と書き込んでいましたので、CQ HRALをK7TRIもやっているのかと勘違いしました。安心しました。K6VVAが斬新で新しい試みをされようとしましたが、全世界共通で考えるともっと大きな視野で見た結果ではないかと思いました。Rickの考えも素晴らしいアイデアだと思いました。

実際に私のオペレーションに置き換えて考えましたが、この悪コンディションでは俗称アパマンアンテナではとても厳しい状況です。全員がビームアンテナなどの高性能アンテナをお使いならばまだしも、私のような超リトルピストルではほとんど意味がない施策だと思いました。

恥ずかしながらご紹介しますと私のIOTAチェイシングは「相手のアンテナとコンディション任せ」のアマチュア無線です。そんなアンテナでもより奥深くIOTAを楽しむ方法を模索しています。

« NA-211 K7TRI Tillamook Rock (2nd day operation) | トップページ | AS-206 JJ2ONH/2, JR2NMA/2, JG3DOR/2, JG1LFF/2 Shino Island plan on 20th Oct 2019 »

コメント

DX-Worldの記事ではK6VVAの行動に対応してこの規定が作られたと書かれていました(やや衝撃的な写真付で)。
数年前にK6VVAがHRALをIOTA委員会へ提案して却下されたという経緯があったようです。
どのようなやりとりだったのか詳細は知りませんが、IOTA委員会の方でもやや感情的になられているような印象を受けます。
延々と続くEU、NA指定(HRALと同じことのように思います)が「差別」にならないことを祈ります。
それだけでなくアマチュア無線、そしてIOTAプログラムでのフェアプレーについてはそれぞれに考えていただきたいと思います。

コメントをありがとうございます。
細かい実状がよく分かりません。一人で決めて、一人でウエブに掲載して、一人で運用をやって、もちろんその間にIOTA Ltdへも具申提案したとは思いますが。数年のQRT後、昨年末に再活動を始めました。それ以前は数多くの情報交換をさせていただきましたが、そのうちに連絡があるだろうと期待していました。連絡もできない状態であり手も足もでません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-211 K7TRI Tillamook Rock (2nd day operation) | トップページ | AS-206 JJ2ONH/2, JR2NMA/2, JG3DOR/2, JG1LFF/2 Shino Island plan on 20th Oct 2019 »