World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« なんとか交信できたNA-210 KL7RRC/P Sledge Island | トップページ | NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed »

2019年9月 6日 (金)

NA-211 K7TRI Tillamook Rock 天気

いよいよ日本時間2019年9月7日(土)の早朝から運用開始します。上陸前の最後のメッセージがウエブに書き込まれました。https://k7tri.weebly.com/

天候もヘリコプター2機で運搬するようで波よりは風の方がポイントになるようですがほとんど問題ないようです。Windyで確認しますと4日間同じような天気が続くようです。気温は17度、湿度が95%と出ています。VE3LYCのメッセージには霧が出ているとありますが大丈夫のようです。

Na211

むしろ、JA側の台風情報の方が気になりそうです。

KL7RRC/Pグループの過去の運用の特徴は出初めの初日は24時間連続で運用されますが、2日目で運用時間は初日の60%くらいになり、3日目は初日の30%くらい、4日目は10%くらいの私の過去の感覚でいます。3~4日目は運用よりも散歩やレクレーションの方が多いように感じています。私はこれで数回のKL7RRC/PやV73RRCを取り逃がしました。

ところがVE3LYCによる運用は徹底して初日、2日、3日くらいまでは14MHzCWオンリーでしかも24時間に近い運用をします。これは世界中のIOTAチェイサーに万遍なくサービスするという考え方です。3日目後半くらいから10MHzCW、18MHzCW、そして14MHzSSBの傾向であり、徹底して高効率運用でNew IOTAを世界中にサービスするという姿勢です。

Club Logのログサーチのバンドモード表にQSO数が2と入っている場合(Dupe)は、やはり該当局に対しあまりオペレーションがお上手ではないと思っているようです。またQSO数の多いのも常習性が高いようで極力避けて欲しいとの願いです。

今回は4名で2基を運用します。VE3LYCの意見が採用されるならば14MHzCWは4日間常時運用に近くなるでしょう。パイルアップの中で交信しても後から不安になって同じバンドモードでもう一度交信したくなる場合は録音することでしよう。私の場合はこちらのコールバックが不完全コピーならば堂々と聞き返しています。多くの交信で聞き返しを上手にやっております。

いよいよ数時間後に迫ってきました。

« なんとか交信できたNA-210 KL7RRC/P Sledge Island | トップページ | NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed »

コメント

Shuさま

おはようございます、JE6HIDです。
いつもお世話になっております。

日本時間、07:00(UTC22:00)時点では、RBN上、K7TRIはQRVしていないようですね。
DXWATCHによると、UA0ZCさん(ドナーのみ?)が、今、島へ向かってヘリコプターに乗った、という情報ですが、こちらの真偽は定かではありません。
いずれにしても、ゆっくり待ちます!

手前の本土側の駐車場のある公園からTillamook Rockまでは2kmあまりです。ヘリならば5分もかかりません。荷物と人を運ぶために何度も往復しているとおもいます。崩れた灯台や建物のメンテナンスがメインですのでこれに合わせて基地を作っているのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとか交信できたNA-210 KL7RRC/P Sledge Island | トップページ | NA-211 K7TRI Tiilamook Rock landed »