World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 | トップページ | 6年ぶりのメッセージ from YB9BU Kadek-san »

2019年10月 5日 (土)

この朝に配信の425 DX News #1483に3つのAS-206運用情報が掲載

425 DX News #1483に次の3つのAS-206オペレーションが掲載されました。

 JA - Members of the Nara DX Association (namely JA3FGJ, JA3KGF and
JJ3PRT) will be active as JK3ZXK/2 from Suga Island (AS-206) on 12-
14 October. They will operate CW, SSB and FT8 on 40-17 metres, with
a focus on Europe and North America. QSL via JP3AYQ (direct only).
[TNX NG3K]


JA - Ted, JF1CCH and Eiji, JQ1SUO will be active again as JF1CCH/0 and
JQ1SUO/0 from Sado Island (AS-206) on 12-14 October. QSL via home
calls; JF1CCH/0's log will be uploaded to Club Log.


JA - JG1LFF/2, JG3DOR/2, JJ2ONH/2 and JR2NMA/2 (YL operator) will be
active holiday style from Shino Island (AS-206) for a few hours
(approximately between 01.00 and 07.30 UTC) on 20 October. They
will operate CW and SSB on 80-6 metres. QSL via home calls. [TNX
JN6RZM]

 
前週の425 DX News #1482にも、

JA - Harry, JG7PSJ plans to be active again as JG7PSJ/7 from Oshima (AS-
206) from around 22 UTC on 4 October until around 6 UTC on the 6th.
QSL via home call; logsearch on http://jg7psj.starfree.jp/ . 

と、掲載されました。こちらはagainとありますので、IOTA list上ではO Island[Miyagi prefecture]になります。

2019年6月22日に誕生しましたAS-206はまだまだIOTAクレジット率25%には到達していません。新しく誕生したNew IOTAがきちんとDX情報に掲載されIOTAルールに則って運用されていますことは素晴らしいことだと思います。IOTA Ltdに対してもとても好印象を与えると思います。5年後の次につながるかもしれませんね。

 

« Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 | トップページ | 6年ぶりのメッセージ from YB9BU Kadek-san »

コメント

お久しぶり・・・のなような。お疲れ様です。

佐渡も大島も再運用で、皆さんパワフルですね。
私も今週末を狙っていたのですが、家庭内調和のために「エアコン工事立会い」を優先しました。(笑)
でも、コンディションがつらいかな・・・。まだ、北米のニーズは高そうですが。ヨーロッパは落ち着いたのでは無いでしょうか? 来年1月の申請まで、保留している方がほとんどでしょうから、2020年締め切りで、一気に30%超えになるのではと、推測しております。

コメントをありがとうございます。
素晴らしい皆さんのパワーですね。AS-117ができたころは、このようなAS-206のようなきちっとした運用管理がなされていなかったと思います。そのため、1月末クレジット率を30%と予想して楽しむなどなどと各局の管理できるレベルが格段にあがったと思っています。数だけ追いかけて楽しむレベルでも良いですが、より深みのあるIOTAチェイシングを楽しむことにつながると思います。
2024年にもJAからあと1件くらいは誕生させたいですね。
7月下旬から9月初めまでIOTA申請提案を約30件行いましたが、新規IOTA誕生への支援としての依頼部分がないためか、反応は数件ありましたが結果にまったく繋がりませんでした。しばらく休止状態を続けています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cancelled SA-100P 3G1DX Pajaros Rocksに関するご報告 | トップページ | 6年ぶりのメッセージ from YB9BU Kadek-san »