World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-068 RI0B Rastorguyeva Island plan on March 2020の実行を検証する | トップページ | IOTAを語ろう JO1CRA四十物OM来博 »

2020年1月 4日 (土)

AS-017 8N6SHURI Okinawa Island plan

この朝に配信されました[425ENG] 425 DX News #1496に首里城焼失に関するJARL沖縄支部の記念局運用活動が掲載されました。


JA - JARL's Okinawa Branch will operate special station 8N6SHURI throughout 2020 to support the reconstruction of Shuri Castle,
whose main courtyard structures were destroyed in a fire on 1 October 2019. QSL via the bureau. A UNESCO World Heritage site, for 450 years Shuri Castle was the royal court and administrative centre of the Ryukyu Kingdom, as well as the cultural heart of the Ryukyu Islands.

2019年10月1日に焼失しました首里城の再建支援のためのPR運用を2020年中に実施するとのことです。日本国内の運用情報を海外のDX情報から入手するのも珍しいことです。すぐにJARL沖縄支部を検索しましたら、次のURLに詳細が記載されていました。

http://www.jarl.com/okinawa/8N6SHURI/8N6SHURI-Info.html

運用期間は1月1日から12月31日の1年間。QSLカードは無条件でvia Bureauへ。また沖縄県各地から運用するとのこと。おそらく尖閣を除くAS-017沖縄本島、AS-079宮古、AS-024八重山、AS-047大東から運用されると思われます。

JARLの記念局は祝い事に関しての運用が主でしたが、今回は首里城焼失という事故に関しての運用でありとても珍しいですね。
本文には「首里城再建支援特別局」とあります。

« AS-068 RI0B Rastorguyeva Island plan on March 2020の実行を検証する | トップページ | IOTAを語ろう JO1CRA四十物OM来博 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-068 RI0B Rastorguyeva Island plan on March 2020の実行を検証する | トップページ | IOTAを語ろう JO1CRA四十物OM来博 »