World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA-YB Needed List 2020の提供とYB9BUの動向 | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island 固定局を追加します »

2020年1月28日 (火)

OC-204 8A4EI Mar 1995のQSLカード 回収希望者はおられませんか?

今年の福男は三重県のJH2RMUさんですと言いたいほどRMUさんに幸運が転がり込み始めました。(笑い)

一つは当ブログの一つ前の記事にあるYB9BUからのサプライズでvia JN6RZMに届いたOC-271 YB8XM/PとOC-147 YB9YKIの2枚のQSLです。そしてもう一つは昨晩にNeeded YB-IOTA List 2020の到着御礼、ならびに私のAll YB-IOTAリストとJO1CRAさんのYB-IOTAリストを見られ、表題のOC-204 8A4EI未回収を過去ログから見つけられメールに書き添えられました。

1995年3月の運用でQSLカードにはvia YB0RXとあり、名前とPOBが印刷されています。QRZ.comのYB0RXにも記載はあるが長年利用されていない雰囲気です。Facebookでも名前検索を行いましたが情報はなし。Google検索にて2011年11月30日の記事がヒットし、「YB0RXはすでに2008年に...」と文章が切れて、さらに該当記事を抽出できず、文章からSKと判断し回収不能のメールをRMUさんへ送りました。

1時間ほど経過して再度YB0RXをさらに掘り下げて調べてみましたら当ブログの2013年の記事が見つかりました。

http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2013/06/oc-204-8a4ei-qs.html

2013年にJA7BWT時田さんとJH1QVW斉木さんの8A4EIをYC0IEM Hotangさんから私が回収したようです。すっかり失念していました。

YC0IEM Hotangさんは結構私を大切にしてくださるインドネシアのハムの情報通です。QRZ.comも確認しましたが2020年1月にメンテナンスもされて以前よりご立派なハム運用をされていました。2013年の記事にありますとおり、確か数枚しかQSLカードが残っていないと言われていたことを思い出しました。ならびに私も5年前にYB-IOTAは完了し手を切ったつもりです。今後も継続して同じYB-IOTAのQSL回収支援はできないと思います。

そこで、2020年2月3日までホールドさせていただきますのでOC-204 8A4EIと1995年3月に交信された過去ログをお持ちの方がおらましたら募集させていただきます。併せてYC0IEMへトライしたいと思います。RMUさんには少し待っていただきます。「OC-204 8A4EI QSLカード回収の最後の募集」です。

« IOTA-YB Needed List 2020の提供とYB9BUの動向 | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island 固定局を追加します »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-YB Needed List 2020の提供とYB9BUの動向 | トップページ | OC-210 YB8ROP Sangihe Island 固定局を追加します »