World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« Indonesian Islands listのエクセルファイルを差し上げます | トップページ | IOTA Meeting in 福岡 Jan 2020 »

2020年1月18日 (土)

Clublog Matching additions for IOTA credit! (OC-297 TX0M and OC-113 TX0A)

この朝のIOTA-chasers Forumにカナダのトロントに住むVE3VHB Mikeさんが次の投稿をされていました。

[IOTA-chasers] Clublog Matching additions for IOTA credit!

Both TX0A OC-113 and TX0M OC-297 are now available for Clublog Matching.
If you've already entered your card you no longer need to delete it first,
the Match now automatically replaces the card entry.

Thanks, Cezar!

VE3LYC Cezarさんが2018年12月に運用した二つのIOTA DXpedition分がとうとうClub Log Matchingでポイントを得られるようになったというものです。さらに1月末のIOTA追加申請のためにQSLカードからエントリされて申請前のものはMatchingを起動すれば自動的に置き換わりましたという丁寧な報告です。これによりCPへQSLカード送付の必要性がなくなります。

IOTA CP JA HomePageでも自動的にシステムが差し替えてくれるとのシステム変更報告が3週間ほど前に記載されていました。追加申請がまだの方はぜひ確認の上、試してください。

Cp-ja_20200118071201

また、CP JA HomePageには昨年の申請状況と今回の申請状況の比較が掲載されています。特にQSLカードとClub Log Matchingの対比です。昨年度はClub Log Matching等68%、今年度は83%と変化しています。ただし、今年度はまだ申請者数が少ないようです。

2019年9月に実施されましたVE3LYC等によるNA-211 K7TRIはまだClub Log Matching登録はまだのようです。少しでもQSLカードからClub Log MatchingによるIOTA申請に私たちが協力すれば、IOTA申請=100%のClub Log Matchingに近づくのではないかと思います。

なお、余談ですが、冒頭のVE3VHB Mikeさんとは10年来のお付き合いになります。イギリスからカナダへ渡ってこられました。80代後半になられ「Shu、AS-036 壱岐対馬と交信したい。残りの人生長くないので協力してください」と時々メッセージが届きます。数回チャレンジしましたが、島から離れる局もありなかなかうまくいきません。余談でした。

« Indonesian Islands listのエクセルファイルを差し上げます | トップページ | IOTA Meeting in 福岡 Jan 2020 »

コメント

山本さん、おはようございます。
AS-036(壱岐)は是非運用してみたい島ですので、早ければ今年中に実行すべく計画を立てたいです。

素晴らしいです。VE3VHB Mikeさんが泣いて喜びますよ。
2012年1月にIOTA-chasers Forumを主宰するK0AP DraganさんからぜひYahooの当フォーラムに参加してほしいとの依頼でJAで初めてIOTA-chasers Forumに登録しました。その以前にあったIOTWというIOTA交流のウエブが閉鎖され、まだ登録者が少なかったためです。その2か月後の3月にJA-IOTAの未交信対応としてJA-IOTA固定局とのSked支援を公表しました。10局くらい欧米局に参加してもらいました。VE3VHBと知り合ったのもこの時からです。もちろん、AS-036対馬の固定局にお願いし数回のSkedを行いましたが未達成でした。その後、対馬の局も福岡にQSYされたり、他の対馬局には協力をいただけなかったということでした。

私が移動運用を行えばよいのですが、25年前にJN6RZMで再開局しましたときに、固定局と移動局の二つ免許取得に納得できず固定局のままで過ごしているために移動できないのです。50Wの移動用リグを持つこともありませんでした。
IOTA-chasers Forumへの登録も進めています。欧米が中心ですが、毎日のようにメールで転送されます。英語の勉強には最適です。JAは少なくまだ二けたに乗らない程度です。もちろん無料です。海外のIOTA情報が裏話を含めて伝わってきます。前田さんもぜひご検討ください。

今年もよろしくお願いします。
FBな情報ありがとうございました。
早速チェック。2UP/463。
とりあえずはオナーロール入りを目指して頑張ります。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
IOTAのHounor Rollはマラソンで言えば折り返し点です。一気に到達できると思います。応援いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Indonesian Islands listのエクセルファイルを差し上げます | トップページ | IOTA Meeting in 福岡 Jan 2020 »