World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island plan | トップページ | OC-298P Tatakoto Atollの不思議 »

2020年1月 2日 (木)

NA-039 KL7RRC/P Adak Island plan (June 2020) プラス T.B.D Island

2019年12月初めに表題のプランが発表されました。

KL7RRCのウエブに書き内容で発表されています。https://www.na-234.com/

Na039-sked 

その中でスケジュールは次の通りです。2020年6月6日にAdak到着。7日は準備で8日にT.B.D Islandへ向かいます。(TBDとはTo be determindの略:未決定の意味) 2日後にT.B.D. Islandから10-15日の予定で運用。そしてNA-039 Adak Islandに戻り17-19日の予定で運用し、20日に離れるプランです。

Schedule:

Arrival in Adak, Alaska: June 6 2020
Preparations: June 7, 2020
Travel to T.B.D island on June 8, 2020
Operating from T.B.D. island June 10-15th 2020
Operating from Adak (NA-039) June 17-19th 2020
Flying back home: June 20, 2020

Tickets to Adak purchased by some team members 

12月にJA Friendsのご協力により作成しましたIOTA-KL7 Wanted list 2020の66名からのデータではNA-039未交信は8局(12.1%)です。JA3VPA、JE3GRQ、JH3GFA、JP3AYQ、JA6EXO、JA6WJL、JE6HID、JG8IBYの各局には必ず交信していただきたいです。

NA-039 Adak Islandは米ソの東西冷戦時代の1990年くらいまでは米軍基地とその町があり高校や映画館などがありましたが、冷戦後は米軍の縮小と撤収により人口も激減しました。私がIOTAを始めてからいろいろと仕掛けました。バードウォッチングのついでにFT-817で運用されたりいろいろありました。1回逃すと5~10年くらい次の運用は開きそうです。

続いてT.B.D. Islandですの予測です。

Na039-map

NA-039 Adak Islandはアリューシャン列島のほぼ中央に位置します。そこからアラスカ本土の東側にNA-234、NA-059が位置しています。参加メンバーのNL8F TimさんはNA-059に住んでいる固定局です。さらにNA-234は2018年5月のChuginadak Islandの2回目運用を終えたばかりです。このことによりNA-234とNA-059はプランから対象外とはんだんできます。

NA-039 Adak Islandからは西側へNA-233、NA-070、NA-037、NA-064の4つのIOTAが並んでいます。これが彼らのT.B.D Island対象となるでしょう。N3QQ YuriさんからはNA-070を考えていると言っていましたが6か月の間に変更される可能性もあります。ちなみに本日現在の4つのIOTAのクレジット率はNA-233(19.0%)、NA-070(14.6%)、NA-037(9.8%)、NA-064(14.8%)とNA-037が10%未満で他は15%前後でした。

さらにIOTA-KL7 Wanted list 2020では総数66名中、NA-233(12名の18.2%)、NA-070(18名の27.3%)、NA-037(37名の56.1%)、NA-064(14名の21.2%)とNA-037のNeededが56%となりました。この状況を確定したくてIOTA-KL7 Wanted list 2020をN3QQ Yuriさんのために作成しお送りした次第です。ひょっとしたらNA-037の可能性もあります。

NA-037は米ソ冷戦時代に米軍基地がありました。そこに有名なクラブ局としてKL7FBIという意味深な局がとてもアクティブに運用していました。私も学生時代のコールサインで1974年9月26日に14MHzにて交信できました。IOTA番号はありませんが、SHEMYA ISLANDとQSLカードに印刷されていましたのですぐにIOTA申請に使用しました。

NA-037未交信の皆様はN3QQにNA-037のリクエストメールを発信しても良いかもしれません。

なお、NA-037の運用情報は次の通りです。

  NA-037 Near Islands (Semichi Islands) group
1 AA0NN/KL7 (91) via HC Shemya Island
2 AL7HS/KL7 (91) SK Shemya Island
3 KA7VNN/KL7
4 KF7S/KL7  (97) QRZ.com
5 KL1SLE   (Aug 97) via AC7DX Shemya Island
6 KL7FBI   (65-99) via AA0NN Shemya Island
7 KL7FMM  (66)
8 KL7FRY  (66,67)
9 KL7FSU
10 KL7IAG  (72-76) Nizki Island
11 KL7ICL
12 KL7JR  (Dec 02) QRZ.om Shemya Island

2002年12月以来、未運用です。また、KL7FBIは1965年から1999年までの運用です。

« AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island plan | トップページ | OC-298P Tatakoto Atollの不思議 »

コメント

当方は下記の方とQSOできています。

KL7/K8GU NA-039 Adak Is.31/08/2012 15m CW

舟木

舟木さん、情報をありがとうございます。
ちなみに私はKL2HD/Pにて2012年6月9日に20mSSBにて交信できました。同じ年に2回の運用があったんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island plan | トップページ | OC-298P Tatakoto Atollの不思議 »