World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« VKの大火とOC-139 VK5KI Kangaroo Island | トップページ | Needed YB-IOTA List 2020をデータご協力の20局へ »

2020年1月24日 (金)

YB-IOTA促進の状況と今後について

OC-070 YB8XM Ambon Islandの進捗として、19日(日)の21300SSBと14074/7074FT8に続いて、20日(月)、21日(火)、22日(水)の4日連続で午後14時過ぎからFT8による運用があったと各局よりご報告をいただきました。前にも説明しました通りJoppyさんはAmbon Islandの「コの字」の奥にある自宅からFT8運用をしたようです。Spiderbeamを使うSSB運用には5~6km離れた山の上へ移動しなければならないようです。

OC-075 YE5XYも初回の返事以後は動きがありません。21MHzSSB運用が中心ですが、このバンドのこの時期では21MHzSSBではこの時期では厳しいのかと思いましたがJH2RMU村山さんより1月11日に開催されましたYB SSB Contestの参加局リストを教えていただきました。スコアリストのみでバンドがわかりませんが、3.5/7/14/21/28MHzとなっていますので21MHzSSBはYB-JAに十分パスはあると思います。

YB9BU QSLingですが、Kadekさんは病院と報告しましたがFacebookには家族の写真などの投稿が続いています。数日、数週間の入院なのかわかりませんが、連絡があるまで我慢して待ちましょう。

Needed YB-IOTA Liat 2020ですが現在20名からのデータ提供です。多いほうが動くYB局も動きやすくなるのですがもっとデータの協力をお願いしたいところです。明日25日に20局へフィードバックします。確認していただき、27日に完成品をデータ提供者へお送りするとともにYB8XMをはじめとして多くのYBベディショナーへデータを提供開始します。

【追記】

JA3VPA上田さんからのリクエストによりOC-070 YB8XMへ土曜日にFT8によるSkedを依頼しました。

« VKの大火とOC-139 VK5KI Kangaroo Island | トップページ | Needed YB-IOTA List 2020をデータご協力の20局へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VKの大火とOC-139 VK5KI Kangaroo Island | トップページ | Needed YB-IOTA List 2020をデータご協力の20局へ »