World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« YB-IOTA進捗状況(2020/02/14) | トップページ | EU-139 SM2OAN Seskaro Islandレポート »

2020年2月15日 (土)

OC-075 YE5TA Batam Islandへのアプローチ

OC-075 YE5XYを諦め、さらにこの地区では郵便が盗難に遭遇する確率が高いように感じたため、OC-075は八方ふさがり状態になってしまいました。2012-2013年くらいにSkedをやっていましたYE5TA Agusさんを改めて確認してみました。

まず、Club Logを登録していました。

Log to search: YE5TA    2,093 QSOs logged between 2011-04-16 17:04Z and 2019-08-07 10:55Z/p>

2011年4月から2019年8月まで2000超QSOデータが存在しました。

Club Log Matchingの登録状況をIOTAウエブをログインして調べました。Club Log照合によるクレジットの追加の中にある「承認された運用」タグをクリックしてOC-075 YE5TAを調べます。残念ながらYE5TAを含む地元局は1件もなく外部からの移動局ばかりでした。IOTA Validation TeamのVE3LYCあてにClub Log Matching登録依頼のメールを送る必要があります。コールサイン、IOTA番号、上記のClub Log登録期間、島名などを伝える必要があります。

電子メールによるYE5TAとのやり取り、Facebook/MessengerにおけるYE5TAとのやり取りを調べました。Facebookに2013年2月14日のAgusさんのメッセージがラストでした。そのメッセージは「ここのところ忙しく、時間がなかなか取れないので残念ですがSkedは辞めさせてほしい」というものでした。その内容を精査すると私が勘違いして「永久に辞退」と思い違いしていたことがわかりました。そのあとに「12月に声を掛けます」と私から送っていました。

ちょうど7年間、連絡をしなかったことがわかりました。汗

そこで、JA-IOTAから新しくIOTAを始められた方々、IOTA-YB Needed List 2020の作成と添付ファイルの送付、8局のOC-075 Neederの存在と紹介ならびにSked希望、OC-075への郵便不達、Club Log Matchingの新規提供、YE5TA自身のClub Log登録状況、そしてClub Log Matchingの登録方法、VE3LYCのメールアドレス、QSLカード交換の不要に関しまして、この朝に英文を作成し送付しました。

きっと吉報が戻ると思います。8名の皆さんは楽しみにお待ちください。私のIOTA Supportingのメリットは上記の英文を1時間くらいで辞書も使わず作成できるように、まだ下手ですが文書作成ができるというところです。ここが私が最もIOTAを好むところです。

« YB-IOTA進捗状況(2020/02/14) | トップページ | EU-139 SM2OAN Seskaro Islandレポート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA進捗状況(2020/02/14) | トップページ | EU-139 SM2OAN Seskaro Islandレポート »