World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 福岡市内のWW WPX Contestを知らせる名所のご紹介 | トップページ | IOTA-chasers ForumへのあるJA局のある投稿 »

2020年2月28日 (金)

AS-207P R207RRC へドネーション送金をしました

2020年4月3日~10日(1週間)に運用予定のAS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Islandへようやくドネーションを送りました。

http://r207rrc.ru/en/donation-en

北極海沿岸はここ10年くらいで氷が大幅に減少し、海岸近くの海を船で移動しやすくなりました。それに伴いロシアのRRCメンバーが中心になってIOTA DXベディションへ大きなコストを負担して実行してくれます。前にも書きました通り、UA3AKO Victorさんを中心とするチームはJAサービスにも重点に運用してくださいます。私のような12メータハイのアパマンアンテナAPA-4でもなんとか強力な電波を届けてくれます。

UA3AKO Victorさんのリーダーによるベディションは過去に3回実施されています。今回で4回目になりますが、どれもスーパーレアのR0-IOTAです。過去3回ともにJAを意識して強力な信号を送り込んでくれました。ここに私のアパマンアンテナのデータを公開します。

2016年4月 AS-092 RT92K

 2016/04/20 0921UTC 10MHz CW 599 599

 2016/04/20 1144UTC   7MHz CW 599 599


2017年4月 AS-071 R71RRC

 2017/04/07 0953UTC 10MHz CW 599 599

 2017/04/07 2349UTC 14MHz CW 599 599

 2017/04/10 0906UTC   7MHz CW 599 599

   
2018年10月 AS-065 RT65KI

  2018/08/19 2017UTC 14MHz CW 599 599

  2018/08/20 1057UTC 10MHz CW 599 599

  2018/08/22  1221UTC  7MHz CW 599 599

2019年は残念ながらありませんでした。Victorさんは2017年と2018年はJAの4アマ向けに7MHzSSBでのサービスをしてくださいました。

上記のウエブページの冒頭に「We need your financial support because of the complex and expensive logistics.」と、掲載されています。普通に行ける場所ではないため複雑で高価な運用となりますのであなたのご支援をお願いしますとあります。このプランの次の計画にも英起用すると思います。どうぞご協力ください。

普通にPayPalを呼び出して、「r207rrc@gmail.com」へお送りください。私はドネーション+2.5USDを送りました。下記の写真は2018年に実施されたRT65KIのSouvenir Magnetです。パソコンの上にありつけています。

Dsc00574 Dsc00573

PayPalメモに「QSLカードよりもR207RRCのSouvenia Magnetを欲しいです」とお願いしました。その前に交信しないといけません。これです。これを隣に並べたくなりました。このチームはClub Log MatchingもすぐにuploadされますのでQSLカードはなくても良いかもしれません。

Souvenir-magnet 

« 福岡市内のWW WPX Contestを知らせる名所のご紹介 | トップページ | IOTA-chasers ForumへのあるJA局のある投稿 »

コメント

山本さん
こんにちは、
victorさんは、近いこともありますが、強力な電波を送ってくれます。
今回のマグネットもカッコいいですね。前回のものと並べて飾ってみたいです。
Iota expeditoinの安全な成功を願っています。

このマグネットは小さいから狭いシャックの私にはとてもいいですね。特にこの地域の名前「Chukotka」が印刷されていますのでブログに掲載するときに確認できるので便利です。
私はQSLカードならびにそれに関するものはちょっと早い終活の一環で処分することを決めて進めています。その処分することを決めたQSLカードをさらにお金を出して請求することを止めClub Log Matchingへお互い無駄を省くことを目的に推進したいと思っています。ものすごい数のQSLカードが減り始めて保管場所にゆとりができつつあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡市内のWW WPX Contestを知らせる名所のご紹介 | トップページ | IOTA-chasers ForumへのあるJA局のある投稿 »