World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2020年1月末締めJA-IOTAは完全に東高西低へ | トップページ | Chukotka 2020を調べてみました »

2020年3月 9日 (月)

DXerの皆さんへ、IOTA件数をご確認ください

前ページの記事を読まれましたIOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんから、「とても良いリストがあります。マニュアルに加えました」とこの朝にメールが届いていました。すぐに確認するとIOTA Directoryに掲載されているリストを日本語化するとともにJA-IOTAリストをくわえられたリストでした。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/iota.html CP JAホームページの左端「マニュアル」→「島リスト」にPDFで掲載されています。


Dxcc-1_20200309120301    Dxcc-2Dxcc-3

左側から

「表 1 – 現時点で全ての QSO が⼀つの IOTA 参照番号にのみ該当する DXCC エンティティ (104クレジット)」、
「表 2 – ⼆つの IOTA 参照番号の⼀⽅である DXCC エンティティ (58クレジット)」、
「表 3 – プリフィック等から IOTA 参照番号が推定出来る DXCC エンティティ (58クレジット)

表1はこのエンティティと交信すれば1IOTAになります。全部で104件あるそうです。つまり、全部〇ならばIOTA100を申請できることになります。私もチェックしてみましたがDXCCのリストを作成されていれば10分程度で終わります。ちなみに私は63件でした。

表2はこのエンティティと交信すれば二つのIOTAに該当することになります。例えば4Wの場合、Timor本島とTimor沿岸の島々にIOTAは二つに分けてカウントされます。同様に私もチェックしましたが8分で終わりました。58クレジット中、34件でした。

表3はCP JAオリジナルです。プリフィックスからIOTAを識別するための参考資料です。JA-IOTA 26件も含まれています。私の場合は長くIOTAリストを作成していましたので5分でチェックが終わり、58クレジット中、53件をコンファームしていました。

63 + 34 + 53 = 150件でした。IOTA100にて申請可能です。このようにぜひご確認ください。申請していただきますと、IOTA情報に目が開き、毎日New one IOTAの山ができると思います。

どうぞすでにIOTAを楽しまれている方からもぜひご友人へPDFをお渡しして確認してもらってください。お願いいたします。

« 2020年1月末締めJA-IOTAは完全に東高西低へ | トップページ | Chukotka 2020を調べてみました »

コメント

こんにちは。
もしかして、抜けはないかとチェックしてみました。
一つあった。
8P SA-021
ぬか喜びでした。
これはNA-021の誤りですね。
残念。
でも、いいリストです。

山本さん、おはようございます。
昨夜、福岡県内在住のOMさんから、IOTAプログラムへの参加の意思があるとのことで問い合わせがありました。そのOMさんは国内外を問わず6mだけを楽しんでおられる方で、当局のIOTA V/U-100のアワード取得の記事に興味を持たれて、ご自身も取得したいとその意思を話されました。
先ず、IOTA Ltd.のアカウント取得から始めてくださいとお伝えしましたが、そのOMさんはLotwもClub Logもなされない方ですがDXCCは6mで160以上は取得されているので、恐らく当局よりは遥かに多くのIOTAを持っているものと推察されます。
申請は全部QSLカードの内容をWeb上で打ち込まないといけませんが、近々申請に漕ぎつけられるものと期待が膨らみます。
当局のチャレンジが少しでも役に立てて嬉しい限りです。

最新の製本版のIOTA Directoryの52ページに印刷されているのは「8P Barbados NA-021」です。移植時のミスですね。訂正をお伝えしておきます。最近は私もブログの記載ミスが多くなってきました。能力の低下と悩みます。原因は視力です。眼鏡を買い換えても間に合わない感じです。(笑い)

前田さん、V/UのIOTA100アワード取得をおめでとうございます。貴ブログに書くつもりでしたがここにいたします。
そうですか、6mの世界ですね。私のハムになるきっかけは6m専用のFDAM3を友人から借りたことがきっかけでした。手続きで不明の点などあれば振ってください。応援いたします。

森原さん、

ご指摘ありがとうございました。
修正した物に差し替えました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年1月末締めJA-IOTAは完全に東高西低へ | トップページ | Chukotka 2020を調べてみました »