World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-207P R207RRC Moscow 出発 | トップページ | AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Islands from EU7A message »

2020年3月30日 (月)

OC-144 YE4IJとの最短のSked成功とClub Log Syncのお話し

昨日3月29日のOC-210 YB8RBIとのSkedの記事の最後に「OC-144 YE4IJを含めSkedを組みますので未交信の局はメールにてご連絡ください」とYB-IOTAのClub Log Matching普及を目的に付け加えさせていただきました。

14時28分着でJH1OAIさんからOC-144 YE4IJとのSked依頼が届きました。1月末にIOTA申請を新しくなさいましたDXerです。ひと月ほど前から情報交換をさせていただくようになりました。すぐにYE4IJ Irfanさんへメールを送り来週末+本日の1730JST 14MHzCWにてお願いのメールを送ってみました。

すぐに返信があり、WPX SSB Contest参加中だが協力しますとのこと。無理と思っていましたが嬉しいご返事でした。2月に体験しました通り4名の未交信者がすべて交信され、Club Log Matchingにより照合データを獲得されました。そのためすぐにClub LogのYE4IJコピーを取りました。JH1OAIさんに知らせる目的です。

Ye4ij-qso-before

2020年3月26日 00:21Zまで17,068 QSOsが登録済です。

家内とのShoppingに付き合い、戻って14045を17時20分からワッチしました。30分を過ぎてOAIさんが3回ほどコールされ、少し遅れたようで17時34分にYE4IJが出てきました。レポート交換、自己紹介が終わりIrfanさんはJN6RZMへもよろしくと打って37分に無事終了しました。

すぐに風呂にはいり、大河ドラマを見て戻るとOAIさんからQSOのご報告とお礼、そしてQSLカードに関してのメールが届いていました。すぐに上記の画像と2月に交信された4局の状況とその中のお一人であるJA3VPAさんがIOTA Validation TeamのVE3LYCへ問い合わせられて見事にClub Log Matchingを完成したことをお伝えしました。同時に現在のYE4IJのClub Log確認並びにQSO前の画像との比較をお願いしました。

これです。

Ye4ij-qso-after_20200330084101

QSOも20mCWでヒットしました。「YE4IJ 17,069 QSOs logged between 2013-03-30 09:16Z and 2020-03-29 08:39Z」と、QSO前と比べるとQSO数は17,068から17,069と1件増加。最終が3月29日 08時39分UTCとなっていました。

交信終了が0837UTCでしたから2分後にはClub Logが登録されたことになります。IrfanさんすごいなどとOAIさんと数回のメール交換で終わりました。

この朝にOAIさんのラストメールが届いていました。その中に気になるメッセージがありました。「(ClublogのLoTWSync.を使えばよいのに)」とありました。すぐにClub LogのLoTWSyncを調べました。Club Log側にLoTWと同期させて交信データを取り込む機能のようです。現在調べております。画像の中の矢印の項目です。

これが現実のものならばJAでのIOTA提案活動が大きく変わります。私はLoTWをやっておりませんのでどなたかぜひご教授ください。

【追記】

皆さん、ありがとうございました。JA9IFF中嶋さんから詳しく教えていただきました。LoTW = Club Log というようなものではないことがわかりました。現実にはLoTW upload & also Club Log uploadの会必要になります。JA7BWT時田さんからは現状の使い方をレポートいただきました。

JH1OAIさんのメール受信を14時28分し、17時37分に交信終了。17時39分にClub Log uploadedとなりましたので3時間11分の短さでした。

 

 

« AS-207P R207RRC Moscow 出発 | トップページ | AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Islands from EU7A message »

コメント

山本さん、こんばんは。
後半のClub Log Syncに関するお話は非常に興味深く、そしてこの機能がClub Logに追加された際には多くのOMがその解説をされていましたので、蘊蓄はそちらにお譲りすることにして、かなり複雑な内容なので、IOTAに関して私の希望じみた事項だけを自身のBlogで書きたいと思います。
大変勉強になりました。
YBとのSkdもよろしくお願いします。

DXCC vs IOTA、いえLoTW vs Club Log (Matching)といろいろシステム上の問題以前に人との問題などなどあるでしょう。Club Logをあれだけ触っていてLoTWsyncという項目が加わったことも知りませんでした。昨日一日中、調べていました。もちろん、世界中のハムに役に立つ、アマチュア無線の発展を願ってをベースにおいてです。Club Logなどの知識不足を痛感しております。(笑い)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-207P R207RRC Moscow 出発 | トップページ | AS-207P R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Islands from EU7A message »