« EUのIOTAチェイサーが求めるEU-IOTAは | トップページ | SA-032 XR8RRC & SA-091 XR8RRC/P planへのご参考 »

2020年3月 6日 (金)

OC-144 YE4IJ Ifranさんからのアンテナ紹介

2020年2月にIOTA-YB Needed List 2020に基づき4名の未交信がおられましたOC-144とのSkedを企画しました。数年前まで21MHzの4エレ八木でSkedを組んでいましたOC-144 Belitung Islandに住むYE4IJ Ifranさんにメールにて依頼しました。数年前まではCWはされておらず21MHzSSBのみであったと記憶しています。今回はバンドコンディションを確認しながら月1回くらいのペースでお願いしようと考えていました。

ところが、21MHz4エレ八木が台風のために壊れてしまい、代わりに14MHzの自作アンテナにてチャレンジしてくださることになりました。しかもCWです。2回目は3月にと考えていましたが、結果として2月上旬に3回のSkedで完了しました。

過去のメールを検索しますとIrfanさんへ初めてメールを送ったのは2013年7月29日の記録でした。翌々日の31日に返信があり、21222にてSkedが成立し、以後10局を超えるJA IOTA chaserと今回までのSkedをやっていました。2020年2月中に未交信の4名ともに交信を終了しました。Club Logも即日に登録していただき、Club Log Matchingのヒットを待っている状況です。

昨日、Irfanさんからメールがとどきました。今回使用した自作アンテナの写真を送ってくださいました。メールメッセージもYB-IOTAとの交流を推進することに参考となりますので、Google和文にて紹介します。少し変な和訳ですがご勘弁ください。

こんにちは、友人の修二さん、お元気ですか...良いニュースを期待しています。申し訳ありませんが、スパムフォルダーにメールが届いていることがわかりました。
釣り竿で作られた自家製14 Mhzデルタループアンテナの私の写真が添付されています。 狭い庭のため、特別なことはありません。
Yaesu FT450および自家製キーヤーからの100ワットの電力
Belitung OC144Irfan / YE4IJからのご挨拶 

Deltaloop 

このメールで気づくことは、①インドネシアの電子メールシステムは脆弱と思っていましたがスパムメールを管理できるシステムになっていることと私のメールがSpam扱いになったこと、②Irfanさんが自作を積極的にアンテナづくりやキーヤーも手作りされCWのマスターにチャレンジされていること、③デジカメの画像が一般的に粗いことなどを気づきました。一般的にYBの画像は粗いと感じています。

Irfanさんからのメールを確認してみましたら2017年以来、63番目のメールでした。Skedのみではなくいろいろな情報交換も時々しています。2013年のIOTAコンテストにてOC-144 YE4IJを21MHzSSBにてとらえました。YLさんのような声をされていましたので、声のトーンが高いのでYL局と勘違いしたと最初のメッセージに書いていました。

一般的にはIOTAの数を追い求めて楽しまれる方々が多いのですが、飛ばないアンテナを使用していますので知り合ったら縁をつなぐことを心掛けて楽しんでおります。

そろそろ2月に交信された4局からClub Log Matchingヒットのご報告が届きそうです。IOTA OC-144と未交信の方がおられましたら、IOTAを始められることを検討されている方も含めてご一報ください。Irfanさんは自作の14MHzデルタループアンテナをもっと試したいようです。

【追記】

JE6HID畠山さんより連絡をいただき、2017年にYE4IJと交信され、Club Log MatchingにてクレジットされているIOTAウエブのリストをいただきました。間違いなくClub Log Matchingを30日後に確認できそうです。

« EUのIOTAチェイサーが求めるEU-IOTAは | トップページ | SA-032 XR8RRC & SA-091 XR8RRC/P planへのご参考 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EUのIOTAチェイサーが求めるEU-IOTAは | トップページ | SA-032 XR8RRC & SA-091 XR8RRC/P planへのご参考 »