World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« EU-179 UR8GX/P Kalanchakskiye Islands 焦げ付き回収業再開 | トップページ | 国際郵便の停止 »

2020年3月26日 (木)

AN-008 LU1ZAのQSLカードを探せ

昨日のEU-179 UR8GX/PのQSLカード回収の記事を記載しましたら、表題のAN-008 LU1ZAのQSLカード回収のお話に進んでしまいました。

長崎県大村市でコンテスターとして有名なJR6CSY山口さんのブログを訪問したことから始まります。今回のAN-008 VP8PJとの交信できず、過去にLU1ZAはやっているが未コンファームとのこと。ブログを読みました途端、QSLカード回収の気分が盛り上がってきました。ちょうどこのEU-179 UR8GX/P、さらにOC-204 8A4EIの件もYC0IEM Hotangさんからようやく40日ぶりに「OK」との返事をいただいたところでした。

私のJN6RZM、JR6CSY分、そしてご協力のJF4VZT分、JH1OAI分のデータと情報を並べてみました。

 ●JN6RZM →IOTA AN-008のクレジットを受けている情報です。下方にQSLカードの画像を添付しました。
LU1ZA QSO 2000/03/19 Sent 2002/12/05 via LU4DXU 1USD RCVD 2003/01/15
Email: lu4dxu@yahoo.com.ar (Henry)

●JR6CSY  →今回の回収支援データです。
VP8PJ (South Orkney Is.) No QSO
LU1ZA 1989/Nov/29 22:50 UTC 14MHz CW 1回請求

LU5EVB/Z →この分も未回収とのこと。一旦保留いたします。
1987/Oct/06 09:46 UTC 14MHz SSB via LU1DZ

●JF4VZT →可能ならば28CWを回収したいとの要望をコメント欄にいただきました。
1989/Feb 21SSB via LU2CN CFMed
1989/Sep 14CW via LU2CN CFMed
1990/Jan 21CW
2000/Apr 28CW

●JH1OAI →同じく、コメント欄にいただきました。
2000/Apr 28CW, 21SSB, 14CW via LU2CN CFMed
2002/May 14RTTY via LU4DXU

上記4局のデータをまとめてみます。

①1989年QSO分はvia LU2CNであることがわかります。

②2000~2002年QSO分はvia LU4DXUであります。

ここで、JH1OAIさんの追記分情報です。
DX情報誌 2002/Jan発行分ではvia LU2CN、2003/Jan発行分ではvia LU4DXUに変更。2001年末から2002年末の間でマネージャーが替わったのではないか。(1989/Jan以降2002/Jan発行分でマネージャーはLU2CNとなっています)

と、貴重な情報をいただきました。①1989/Jan~2002/Jan発行分はLU2CN、②2003/Jan以降の発行分はLU4DXUとのこと。上の4局分は交信日基準で、DX情報誌は発行日基準で書いてありますのでほぼ当たっていますね。私の請求は2000年3月に交信するがAN-008と気づかず。2002年12月におそらく「AN-008 LU1ZAのQSLmgrがLU2CNからLU4DXUへ変更」のDX情報を見つけ、AN-008と気づいて慌てて請求したようです。OAIさんの追加情報とドンピシャ適合します。

Dsc00590

QSLカードが足らなかったのか、LUの汎用QSLカードにゴム印で島名、コールサイン、発行責任組織などが押印されています。このカードはvia LU4DXUへ送りました。マネジャの切り替わる時期だったのでしょう。そのため、QSL: Receivedに赤線が引いてあり、QSL発行責任者はS.A.R.AのLU2CN/LU6CNとあります。一番下にOP. Luisとサインがあります。LU4DXUが書いたのではなくLuisさんというオペレータが記票したようです。LU4DXU Henryさんは封詰めから発送までを担当したような感じです。

ここで、LU2CNとLU4DXUのQRZ.comを確認してみます。

 ------------------------------------------------------
LU2CN Argentina flag Argentina
SERVICIO AUXILIAR DE RADIOAFICIONADOS DE LA ARMADA SARA
AV. COMODORO PY 2055
CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES C1104BEA
Argentina

QSL: BURO & DIRECT= SEND ENVELOPES AND IRC CUPONS=

Email: sara@armada.mil.ar
10176562 Last modified: 2020-02-29 00:18:50, 18017 bytes
------------------------------------------------------
LU6CN Argentina flag Argentina
ESTACION PRINCIPAL DE COMUNICACIONES NAVALES BUENOS AIRES
Av. Comodoro Py 2055
CIUDAD AUTONOMA DE BUENOS AIRES
Argentina

QSL: VIA LU2CN

Page managed by LU2CN Lookups: 1300
Last modified: never, 0 bytes
------------------------------------------------------
LU4DXU Argentina flag Argentina
ENRIQUE HENRY LEDO
CARACAS 2664 - MARTINEZ (1640)
BUENOS AIRES
Argentina

QSL: VIA DIRECT

Email: lu4dxu@yahoo.com.ar

Ham Member Lookups: 47542
10009043 Last modified: 2019-12-18 14:47:36, 2506 bytes
----------------------------------------------------------------

LU2CNは「SERVICIO AUXILIAR DE RADIOAFICIONADOS DE LA ARMADA」の名称のクラブ局であります。ご承知の通りクラブ局は数年ごとに人の入れ替わりがあり、その機を逃すと永久にQSLカードを入手しづらくなる、また年数を経過すると実態が大きく変化してしまう傾向にあります。ただし、QRZ.comのメンテナンスは2020年2月29日までされています。また、LU6CNはカットしてよいようです。

LU4DXUもQRZ.comを見る限りアクティブにハム活動をされているようです。QRZ.comも2019年12月18日までメンテナンスされていました。

ポイントは1989年のログがどこにあるかを探すことでしょう。QSLカードは私の画像のようにスタンプ押印で準備できると思います。第一にLU2CNに問い合わせる。返事がなければLU2DXUへヘルプを求めるという流れでしょうか。皆様のご意見をお聞きした上で突撃してみます。

« EU-179 UR8GX/P Kalanchakskiye Islands 焦げ付き回収業再開 | トップページ | 国際郵便の停止 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-179 UR8GX/P Kalanchakskiye Islands 焦げ付き回収業再開 | トップページ | 国際郵便の停止 »