World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-071 R71RRC Video  | トップページ | Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 »

2020年4月 2日 (木)

AN-011 KC4USVへのClub Log Matching提案

昨日の朝にJA7のOMさんからメールをいただきタイトルの支援依頼をいただきました。ご自身でAN-011 KC4USVのQSLmgrにClub Log Matching利用の提案をしたいとのお話しです。

ようやくAN-011 KC4USVとQSOできQSLをマネジャへ請求するも「ほかの南極の局や過去のQSOのQSL処理等で発行に時間がかかるような返事でした。KC4USVはLOTWに登録しており、CFMが確認されております。QSOデータを持っていますのでAN-011を待ち望んでいる各局のためにも、Club Log Matchingのやり方を紹介してみようと思います」との主旨でした。

Club Log Matching提案の英文例を問い合わせてこられました。素晴らしいお考えと思いましたのですぐに釈迦に説法の部分もありましたが、私が考える精神的な部分と気さくに伝えるClub Log Matching登録の方法をすぐに作成し返信させていただきました。

内容は、「KC4USVと交信した全員に影響を与える。IOTAの発展に寄与する」という大きな貢献から、「LoTWに登録するついでにClub Logに登録する。その旨をVE3LYCへ伝える」、その二つのみの操作でコストロスや時間ロスを改善できるという現実の貢献につながってきます。これこそ、Club Log Matchingの開発、提供の主旨ではないかと思いますとお伝えしました。

私もLoTWはまったく使ったことがなく、ここのところたくさんのOMさん方からアドバイスをいただき、「要するにLoTWを登録できる人はClub Logも簡単に登録できる技量をお持ちだ」ということを理解できました。

「ADIファイルを準備し、Club Log URLを開いて、Settingとuploadをするだけ。VE3LYCへメールでIOTA番号、島名、Club Log登録情報を伝えるだけ」とこれを伝えることと思います。「簡単です」もいれるとよいですね。

JA7のOMさんが近日中にKC4USVのマネジャへClub Log Matching登録の依頼メールをされると思いますのでQSL回収にお困りの方も二の手、三の手で発信されてはいかがでしょうか。マネジャさんも3局くらい提案があれば動く可能性は大いにあると思います。

【追記】

当記事を読まれましたIOTA CP JA担当のJA9IFF中嶋さんがClub Log登録マニュアル(英語版)2020-04-02をJA7のOMさんへお渡しくださいとのことでいただきました。ご了解をいただきここに掲載を追加します。

ダウンロード - clublog_uploaden.pdf

マネジャの中にはマニュアルが必要な方もおられるでしょう。JA7のOMさんからも御礼のメールが届きました。すでにマネジャへはメッセージのみで提案済み。しかし、追加で添付ファイルを送信すると喜んでおられました。一の手、続いて1.5の手くらいでしょうか。

« AS-071 R71RRC Video  | トップページ | Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 »

コメント

ご無沙汰しています。
私もことしの1月にKC4USVとQSO出来ましたが、LoTWではcfm出来たものの、ClubLogは無いため紙カードを請求しなくてはと思っていました。
ClubLogマッチ出来ると手間が省けて良いですね。
全世界で広まると良いと思っています。

くりばらさん、おはようございます。
本当にお久しぶりですね。
JA7のOMさんともお話ししましたが二の手、三の手のメールによるClub Log Matchingの希望が先方のマネジャに届くと傾く可能性が高くなると思います。私も送りたいですがまずは交信することが先です。(笑い)
昔からQSO数よりもメールの方が多い経験からそのように感じています。皆様のご協力をお願いしたいと思います。Club Log Matchingを流行させましょう。

各局こんにちは。
ClubLogとLotwのSynchronizeでClublog側からLotwへのデータのup及びdownroadが
できますが、これではダメなのですかね。
当局もKC4USVと昨年末QSOし、Lotwではcfmできておるので、ClublogのLotwsync
によりClubLogへDounroadしましたがClubLogMachingできません。

DX News.com(2020-01-16 06:52:19発信)から、
KC4USV McMurdo Station Antarctica News
New QSL manager for KC4USV is K7MT.
WILLIAM F ERHARDT, 2851 FESTIVAL, HELENA, MT, 59602, USA. Email: k7mt@mt.net
QRZ.comのK7MTとKC4USVを訪問しますと、紙のQSLカード処理が面倒のイメージに感じます。QRZとLoTWでやってくれみたいです。二の手、三の手と有志の皆さんのお願いメールでClub Log Matchingをお願いすれば簡単に登録してくれそうに感じます。「私に返信メールをしている時間でClub Logの登録ができますよ」が殺し文句です。(笑い)
K5MTならIOTAの友人なんですが、もし動きがなければしばらくしてここを経由してお願いしてみましょうか。

山本さん、中嶋です。

LoTW MatchingでKC4USV AN-011のクレジットが得られたとのレポートが上がっています。

中嶋さん、おはようございます
JH7VHZ 梅村さんがClub Log MatchingでQSLmgrへトライされていたと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-071 R71RRC Video  | トップページ | Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 »