World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 逃したIOTAオセアニア OC-074 ZL9 Auckland Island | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-081 KH5 Jarvis Island »

2020年4月23日 (木)

OC-151 YD6MCE/9 (朗報)

さきほど、横浜のJH1OAI 井上さんから表題のタイトルでメールをいただきました。

さきほど何気なしにClub Log Matchingを実行しましたら、見事にClub Log Matchingがヒットされたとのことです。「Cornelusさんにはアリガトウ・メールを送っておきます」と嬉しいメールでした。

すぐにIOTAウエブの確認をしました。私も昨日まで毎日1回、ときどき忘れたりしていましたが確認していました。

Oc151_20200423104601

IOTAウエブのIOTA情報の中のOC-151を検索すると見事に「Verified activations of OC-151」の3番目に「YD6MCE/9 Flores」が証明されました。どなたが一番にOC-151の申請に使用されるかはわかりませんが、使用されますと下段の「Credited activations of OC-151」に表示されることになります。これがあって、Club Log Matchingの確認になります。

Oc151-2_20200423105401

IOTAウエブの自分のIOTAの中に「Activations」と今回分離して独立したようです。ここでOC-151で検索するとこの画面がでてきます。つまり、Club Log MatchingもOKということになります。

JH1OAI井上さんのメールにありますとおり、アリガトウ・メールやサンクス・メールを送ってくださることがとても大きな効果を生むと思います。YB局の中でもClub Log/Club Log Matchingに力が入らない先輩グループに対し、YD6MCEのような後輩であり初級クラスの局がガンガンとClub Log Matchingでサービスする環境に変えてくれると思います。

コロナ禍で停止しているQSLカードの配送は高コストで低効果であることがすごく良くわかることです。私もYD6MCEへ提案メールを送りましたが別ルートで登録されましたが、喜びの声としてお礼のメールを送りたいと思います。(Tnx JH1OAI)

« 逃したIOTAオセアニア OC-074 ZL9 Auckland Island | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-081 KH5 Jarvis Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃したIOTAオセアニア OC-074 ZL9 Auckland Island | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-081 KH5 Jarvis Island »