World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 逃したIOTAオセアニア | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island »

2020年4月19日 (日)

逃したIOTAオセアニア OC-055 KH6 French Frigae Shoals

最後の運用はN4BQW/KH6 Tern Island (1997年8-9月)です。私はその年の5月にIOTAを始めたばかりでいろいろなDX情報の把握もできないまま達磨状態で終わってしまいました。後々にそれから知り合うIOTAの諸先輩方が交信できて嬉しかったとお話しされていました。実際には短時間、短期間、確かSSBのみで終わったようです。

N4BQW Chuckさんは有名な宇宙パイロットです。趣味が多彩でそのうちの一つがHam Radioです。運用が終わって聞くことも出来ず、時間の経過とともにOC-055への次の期待が高まってきました。電子メールや検索システムなどもまだまだの時代でした。

数年後にインターネットがADSLになり、ようやく繋ぎっ放しで運用できるようになり、Google検索も使いやすくなりシステムが使いやすくなるほどOC-055を聞くこともできなかった残念さがこみあげてきていました。

OC-055の状況は2012年11月2日付けの当ブログでも紹介しています。
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2012/11/iota-oceania-no.html

その中で、

Disappearing
La Perouse Pinnacle
Tern         の3つの島

K5CGI/KH6 Tern Island()
KH6ABH Tern Island(Jul 1957) USCG Loran Transmitter Station
N4BQW/KH6 Tern Island(Aug-Sep 1997)
WH6BLQ/P Tern Island()

4つの運用を紹介していました。

当時2012年のIOTAウエブには4件掲載されていましたが、プラス1件あり5件となりました。

KH6NP Tern Island()

KH6NP Bobさんは1984年頃の資料にご活躍が掲載されていました。この前後にTern Islandから運用されたのでしょう。そのQSLカードがIOTA申請に新規に使用されたのでしょう。すでに免許は失効していました。

Tern Islandは前述していますが滑走路があります。構築物が数件存在し、近辺の生態を調べるための研究所があり、常時12名が滞在しています。1月と7月に6名ずつ交代させ1年間限定です。ハワイ大学の学生が多いようです。男女半々です。スポーツジムもあります。アマチュア無線機も写真で見つけたことがあります。現在のリグ設置の有無はわかりません。

滞在者がブログを掲載していましたが、今はなくなっています。9年前の東日本大震災の津波のため、12名全員が研究所の屋上で津波が通り過ぎるのをレポートした記事はとても印象に残っています。私も何度かコメントを書きました。日系の母娘がメンバーにおられました。日本姓でしたのですぐにわかりました。離島後はハワイ大学で教鞭をとってあったところまでチェイシングできていました。

可能ならば、島に生態研究で1年間滞在される学生にハム免許を取っていただき運用できないものかと考えていますが、力不足でその糸口すら見つけられずに年月を重ねています。やはり、ハワイのハムに協力をいただかないと厳しいです。因みに現在は一般人は渡島は許可されていません。米領の太平洋の島々への入島は20年ほど前にとても厳しくなりました。IOTAクレジット率は5.6%です。

Hawaiian Islandsの他のIOTAである、OC-288P、OC-289P、OC-290P、OC-291P、OC-292P、OC-293Pはすべて許可をとれないようです。(N3QQ、N7RO談)

22年8か月の間、OC-055からは運用されていません。同じ年のN4BQW Chuckさんは2006年7月にSKとなられています。

« 逃したIOTAオセアニア | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃したIOTAオセアニア | トップページ | 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island »