World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island VP6UUを調べる | トップページ | Club Log Matching登録マニュアル(英語版)を活用しよう! »

2020年4月21日 (火)

逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island VP6MWを調べる

私のOC-044 Pitcairn Islandはすでにクレジット済みですが次のQSLカードです。

Dsc00591

1999年10月3日に28MHzSSBにて交信できています。翌朝10月4日に1USDを同封して速攻で投函し、2000年7月31日の10か月弱の期間で受領できました。QSLカード並びにQRZ.comのVP6PACに現在でも掲載されています住所「PITCAIRN ISLAND AR CLUB STATION BOX 73 PITCAIRN ISLAND VIA NEW ZEALAND Pitcairn Islands」を使用しました。交信して20年6か月を経過ですが、現存しているでしょうか。

前の記事に書きました通り1997年2月にOC-056から運用したVR6MW/Pと2002年3月に運用したVP6MW/Pが同一人物であることがわかりました。そんなにたくさんの人口はいませんので、このVP6MW局がVP6PACを構成するメンバーであると思われます。VP6MWの現在のQRZ.comは次の通りです。イニシャルの頭文字MWをサフィックスに使用されていました。住所はPOBではなく自宅のようです。

Vp6mw 

1959年生まれです。まだまだお若いです。1997年2月にはVP6DB/Pと同行し、2002年3月時にはVP6AJ等に同行して運用されたことが判断できます。2019年11月にQRZ.comもメンテナンスされています。W6IZTがQRZ.com登録のお世話をしているようです。W6IZTを調べるとなんとなんと、2019年10月にOC-044 VP6R Pitcairn IslandのDXpeditionを実施していました。

 Log to search: VP6R
82,239 QSOs logged between 2019-10-18 02:00Z and 2019-11-01 18:02Z

大サービスですね。詳細は https://pitcairndx.com/ から。確認しましたがVP6MWはVP6Rチームとは絡んでいないようです。これだけOC-044をサービスされますと数年間はプランはないと考えられます。逆にOC-182 Ducie Islandのプランの方が可能性が出てくるかもしれません。ネクストプランはとても厳しくなりましたね。VP6UUタイプのIOTA DXpeditionタイプが良いのかもしれません。

ちょっぴり残念ですが、VP6MWへ情報収集をスタートしメールをお送りしてみます。

【追記】こんな内容でVP6MWへこの朝にメールを送りました。Google和訳しました。戻ってきますか。

メラルダさん、

  おはようございます
  私は福岡のShu JN6RZM Japanese IOTAチェイサーです。
  OC-056ヘンダーソン島にとても興味があります。 ヘンダーソン島を調査していたときに、VR6MW / PおよびVP6MW / Pというコールサインが見つかりました。 1997年と2002年にヘンダーソン島からそれぞれ運営されています。
  彼らはあなたのものだと決めた。
ちなみに、2019年10月にOC-044 VP6Rが稼働し、8万回の通信を達成しました。 おそらくピトケアン島からのDXpeditionは今から10年後まで実践されないでしょう。
  JAの友人と私は、OC-056ヘンダーソン島から10年先の運用を計画(支援)したいと考えています。 ぜひ、ヘンダーソン島に関する情報を教えていただけますか?
  突然のメールでのお願いをお許しください。

Shu JN6RZM
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/ 

« 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island VP6UUを調べる | トップページ | Club Log Matching登録マニュアル(英語版)を活用しよう! »

コメント

VR6MW局については当方にも思い出があり、横道の話題ですが書き込ませていただきました。
お名前から了解されるとおりYL局です。
当方のOC-044はこの局でクレジットを受けています。
受信したのは1993年10月で、14MHzでZL局を相手にQRSでCWの練習をされていたのが強く印象に残っています。
その後にJA2某局とQSOされたようで(ログは残っていますが、記憶は曖昧です)、そこのところのQSLカードをいただいています。
変わらずお元気でご活躍だと良いですね。

杉原さん、こんばんは
お久しぶりです。素晴らしい情報ですね。VK4EI/VK4SWEのLynさんのような性格に似ておられるような気がします。一度も聞いたことはありませんが温か味を感じる性格の方のようで、ご返事が戻りそうな気がしてなりません。(笑い)
1997年、2002年と2回もHenderson Islandへ行かれていますね。まずはHenderson Islandの情報をいただきたいです。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃したIOTAオセアニア OC-056 VP6 Henderson Island VP6UUを調べる | トップページ | Club Log Matching登録マニュアル(英語版)を活用しよう! »