World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 | トップページ | 懐かしい1980年代後半のJA-IOTA DXベディションとそのQSLカード »

2020年4月 4日 (土)

AS-207P R207RRCの予定変更について

Moscow →Anadyr →Egvekinot→Vankarem→Kosa Dvukh Pilotov Islandの予定でしたがAnadyr→Egvekinot間の航空機が飛ばず陸路を走ることになりました。4月3日夜はEgvekinotに宿泊です。

R0k-map

  March 29, the airplane MOSCOW - ANADYR: UA3AKO, RA3AV.
- March 30, ANADYR, general team gathering: UA0KBG, UA3AKO, RA3AV.
- March 31, the airplane flight Anadyr - Egvekinot
- April 01, departure by all-terrain vehicle from Egvekinot to the village of Vankarem
- April 01/02, preparation for departure to the island
- April 03, landing on the island

Work from the island on air until April 10

上記がウエブに記載されている変更前のスケジュールです。

これが次のように変更されるでしょう。(遅延分の3日を日数加算しただけです)

  March 29, the airplane MOSCOW - ANADYR: UA3AKO, RA3AV.
- March 30, ANADYR, general team gathering: UA0KBG, UA3AKO, RA3AV.
- March 31, the Red vehicle from Anadyr to Egvekinot
- April 04, departure by all-terrain Green vehicle from Egvekinot to the village of Vankarem
- April 04/05, preparation for departure to the island
- April 06, landing on the island

Work from the island on air until April 10

変更前の「April 01,Egvekinot出発」を単純に「April 04, Egvekinot出発」へ以降3日ずつずらしました。最後の行の「Until April 10」は情報がありませんのでそのままにしています。往路のAnadyr-Egvekinot間のフライトが中止になっていますので帰りの便が変更される可能性もありますので復路も3日間短縮の可能性が残ります。その場合5-7日の3日間運用になります。

RedとGreen vehicleはご愛敬です。しかし、4日から利用のGreenは前輪がキャタピラになっています。Redは車輪です。おそらくGreenの方が安定していてスピードが出るのかもしれません。現地の移動は天候の影響などを受けて変更を余儀なくされるケースもでてきます。少しでも多くのドネーション等があればスピーディな対応ができると信じています。運用日程が3日縮まったことは確かです。これ以上遅延しないよう祈りましょう。

【追記】

R207RRCのウエブにOur future radioshackと次の写真が紹介されています。

Balok

Kosa Dvukh Pilotov Islandにある数少ない構築物でしょう。彼らの目標は5日(日)中にここに辿り着きたいと考えているでしょう。もちろん天候次第です。天気予報は曇りです。可能性は十分にあります。5日の夜に仮運用の可能性も考えられます。本格運用は6日(月)午前中くらいからくらいになるのではないでしょうか。現地時間は日本時間+3時間です。従いまして日本時間の月曜朝9時前後でしょうか。

« Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 | トップページ | 懐かしい1980年代後半のJA-IOTA DXベディションとそのQSLカード »

コメント

おはようございます。
移動を伴う計画は、何事も予定通り行かないことが多く、待つ側は無事に運用が開始されるの待つしかありません。
これで週末の行動計画が立てやすくなりました。
皆さん、情報ありがとうございました。

早くて日本時間3月5日(日)の夕方と考えています。なぜか。現地時間とモスクワは9時間、ロンドンは12時間、ニューヨークは17時間、ロスアンゼルスは20時間の違いだからです。欧米は休日の日曜日5日に間に合うからです。JAの年金受給者の方は6日(月)、7日(火)でも十分に間に合います。

山本さん、INFO ありがとうございます。遅れても無事出てくることを祈ります.
この情報をDX summitに流したら文字数制限に引っかかり上手くつたわらなかったようで、DLの局から詳細をしらせろメールがきました。しっかり引用させていただきました。RIGの修理予定を1週間延ばしました。

澤山さん、そういうことだったんですね。珍しくクラスターにあげられていましたので何だろうと思っていました。
はい、引用してくださりありがとうございます。彼らのウエブをしっかり読み、さらに引き算ができればどなたにも理解できると思います。赤いキツネと緑のタヌキ(Vehicle)とでは緑の方がスピードが出るのではないかと思います。

>JF4VZTさん
>
>山本さん、INFO ありがとうございます。遅れても無事出てくることを祈ります.
>この情報をDX summitに流したら文字数制限に引っかかり上手くつたわらなかったようで、DLの局から詳細をしらせろメールがきました。しっかり引用させていただきました。RIGの修理予定を1週間延ばしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log Matchingヒット時のThanksメールのお礼 | トップページ | 懐かしい1980年代後半のJA-IOTA DXベディションとそのQSLカード »