World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-209 Talaud IslandとOC-210 Sangihe Islandの中間報告 | トップページ | OC-107 YF5NB Lingga Islandよりのご返事 »

2020年5月21日 (木)

2020年5月21日 LoTW QSO Matching稼働開始

5月19日IOTAウエブのIOTA委員会からのお知らせに表題のLoTW QSO Matchingが稼働する旨が伝えられました。

DXCCのデータを使用しますので1DXCCの中に複数のIOTAがある場合、同様に1DXCCの運用で複数のIOTA運用がされた場合などはいわゆる後回しで確認されながら登録されるようです。もちろん、LoTWに登録されていないDXCC兼IOTAサービス分は対象外になると思います。

UTCを基準に考えますと日本では今夕から夜中にかけてIOTAウエブに追加されると思います。想像してもあまり意味はないのですが、やはり多くの方も楽しみにされていますので12時間後、いえ20時間後には体験できますが楽しみの醸成としてやってみましょう。

まず、IOTA申請をされている方の観点から考える必要があるでしょう。IOTAウエブを開いて、一般の方は「IOTA情報」からのみ情報を得られます。現在は「IOTAグループと島」からクレジットを受けられるコールサインの検索ができるのみです。ここにLoTW QSOによりマッチングできるリストを掲載することも考えられますが、Club Logではやっていませんのでログインしないと詳細は確認できないことになるでしょう。

つまり、IOTA未申請でLoTW QSO Mathingができるようになったと聞いて詳細を知りたい方はパスワード等を入手してログインしなければならない。Club Log Matchingと同様です。ここが第一の関門でしょうか。

My-iota

ログイン後に「自分のIOTA」にマウスポインタを置いた画面です。5月初めに「CLUB LOG照合によるクレジットの追加」の中にありました「承認された運用」がここから抜けて1項目として独立しました。おそらくこれがLoTW QSO Matchingが稼働するための前準備であることが理解できます。つまり、IOTA未申請の方もパスワード取得でログインしないと詳細を確認できないということでしょう。

まず「承認された運用(ACCEPTED ACTIVATIONS)」に入るとすでにLoTWの名称が出てきました。1行目のみ参考に。

Callsign IOTA Ref. No.   Island name       Logname on Club Log   Logname on LoTW
3B6RF   AF-001            Agalega Islands    3B6RF                         3B6RF

例として先頭のAF-001 3B6RFのみ掲載しましたが、すでにClub Log用とLoTW用のログインネームが新設されていました。目検証あるいは検索で気になるDXCCのIOTAを確認できるかもしれません。まあ、24時間経てば自動で確認できると思います。

「承認された運用」と「CLUB LOG照合によるクレジットの追加」の各行の間に「LoTW QSO照合によるクレジットの追加」が行追加されることと考えられます。

昨日のIOTA-chasers Forumへの書き込みでは「待ちに待ったLoTW QSO Matching」というタイトルで投稿された局もいました。その方のQRZ.comを読みますと、紙カードに高いコストをかけて楽しむことに云々とありました。費用はかかるが楽しみでもありましたQSLカードもいよいよ少なくなりそうですね。QSLカードを使わないことがこれらのMatchingシステムをさらに発展させることになるでしょう。

2020年の目標に「QSLカードを1枚も発行しない」を加えることになりそうです。

【追記】

CP JAの中嶋さんからの報告によりますと5月21日11:00UTC過ぎに稼働開始されたとのことです。

確認しましたら、「自分のIOTA」の「CLUB LOG照合によるクレジットの追加」の上ではなく下に追加されています。

なお、操作マニュアル(暫定のPDF版)もIOTA CP JAホームページに掲載されています。ご確認ください。(早い!)

http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/iota.html

すでに14件のNew IOTAがヒットしたという報告をドイツの局がIOTA-chasers Forumに投稿しています。

« OC-209 Talaud IslandとOC-210 Sangihe Islandの中間報告 | トップページ | OC-107 YF5NB Lingga Islandよりのご返事 »

コメント

山本さん、中嶋です。

11UTC頃に機能が使用可能になりました。
未完ではありますが、マニュアルをアップしておきました。

ご一報をありがとうございました。
また新しいチャンスが生まれましたね。利用についても、新規IOTA申請の拡大も世界一を目指したいです。
IOTAの発展のため、清く、正しく、美しくPRしてまいりましょう。

LoTWMatchingの結果が今日メールで届きました。
結果19アップでようやく500に届きました。
やはり、LoTWにはアップするがClubLogにはアップしない局がかなりあるようですね。
LoTWMatchingはこれからのIOTA収集に大いに味方になります。
未申請分のQSL登録分も一旦削除してLoTWでチェックしてみたいと思います。
FBな情報ありがとうございました。

森原さん、IOTA500到達おめでとうございます。
しかもLoTW QSO Matchingで19件とはすごいですね。貴重な情報をありがとうございます。つぎはIOTA Honour Rollの567(本日現在)を目標とされてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-209 Talaud IslandとOC-210 Sangihe Islandの中間報告 | トップページ | OC-107 YF5NB Lingga Islandよりのご返事 »