World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-209 YB8UTI Karakelong Island Talaud Islands Sked 成功 | トップページ | YB9BU からの分厚い封筒到着 »

2020年5月25日 (月)

OC-107 YF5NB Makmurさんからの返事

この朝にOC-107 YF5NB Makmurさんから2回目の返信メールをいただきました。内容は「Club Logにログインできずエラーとなっている。英語があまりできません。YG5NBからYF5NBへの更新を試みます。不便をおかけします」ということでした。

まず、2回目の返信があったこと。YF5NBでのClub Log登録を行おうとしていることで間違いなくClub Log MatchingによるYF5NBの運用を希望されていることに安心しました。大きな半歩前進です。

現在のYG5NBのClub Log Matchingは次の状態です。

 YG5NB
477 QSOs logged between 2018-06-09 14:40Z and 2018-09-10 11:36Z

2018年9月10日までのYG5NB分のQSOデータがClub Logに登録されていますので、これ以降にYF5NBへGrade upしたと考えられます。そこで、2018年9月以降のYF5NBのクラスターデータを確認してみます。

 Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
===============================================================================
YF5NB 20/05/04 1550Z 7074.0 FT8 OC-107 Lingga island JF7RJM-#
YF5NB 20/04/29 1312Z 14074.0 FT8 OC-107 JF7RJM-#
YF5NB 19/06/20 1643Z 7074.0 FT8 tnx QSO 73! UR0QK
YF5NB 19/04/28 1600Z 7075.9 tnx QSO R1BEQ
YF5NB 19/04/28 1526Z 7074.9 tnx QSO RO7N

と、ヒットしました。2019年4月から2020年5月まで、7MHzFT8と14MHzFT8の運用です。以上が現状です。

 

続いて、この朝に届いたメールの分析です。私はFT8をやっていませんので、FT8のデータが電子ログへ同様に流れるのかが不明です。FT8のソフトのコールサイン変更がすでに終了しているはずです。メッセージではYG5からYF5へのコンバートを目指しているようにも感じます。

私個人は単純にYG5NB分はとりあえず保留し、新規にYF5NBのClub Log登録をするのみで良いのではないか。ただし、FT8からのログデータがどのように取り込まれるかがわかりません。ここの調整が必要かもしれません。そして、第二ステップとして、VE3LYC宛へYF5NB分Club Log Matching登録依頼のメールを送れば完了と思うのですが、皆さん検証のうえ、ご意見をいただければ助かります。

YF5NB Makmurさんも一生懸命にやってくださっています。もう一息でしょう。解決できればおそらくガンガン出てはて多くのIOTAチェイサーへOC-107をサービスしてくれるでしょう。

« OC-209 YB8UTI Karakelong Island Talaud Islands Sked 成功 | トップページ | YB9BU からの分厚い封筒到着 »

コメント

山本さん、おはようございます。

 JG8IBY 鍋谷です。
 本題からは外れているかもしれませんが...

 YG5NBとは「2018-06-09 13:15」に交信をしているのですが、ClublogではYG5NBが

  477 QSOs logged between 2018-06-09 14:40Z and 2018-09-10 11:36Z
 
 でデータをUPしているため、照合日時範囲外でClublogでヒットすることがありませんでした。

 しかし、なぜかLoTWにはデータがアップされており、CFM出来ておりました。
 今回のLoTW QSO Matching開始で照合をしてみたところマッチングOKで、
 「未申請のQSO」にOC-107 Lingga Islが自動登録されておりました。

 人それぞれでQSOデータをclublogのみ、LoTWのみまたは、その両方に登録されて
 いる方がおられると思います。
 YF6NBがClub Logにログインできない理由は判りませんが、解決できれば Makmurさん
 は両方にデータアップされていますので、IOTAマッチングの確率が倍増する計算ですね

鍋谷さん、こんにちは
昨晩、はじめてLoTWのウエブを見ました。IOTAのClub Log Matchingに続いてLoTW QSO Matchingが動き始め、その質問や対応が押し寄せてきたためです。しかしながらDXCCをやるつもりはありませんのでLoTWへ入ることを断念しました。
YF5NB側も大変になるということですね。LoTWの登録だけで良かったものがClub Logも登録しなければならなくなります。日付の関係や9つのチェック項目とおりにできないケースが出てくるでしょう。
貴重な情報をありがとうございました。

山本さん、こんにちは

お世話様です。
YF5NB Makmurさん Clublogに登録ができたようで、Log Search 画面が 
"YF5NB is not available to search." から "YF5NB has not uploaded any QSOs yet."へと遷移しています。
ログのUPロード待ちといったところでしょうか・・・

安孫子さん、さすがですね。良く気づかれましたね。
おそらく、このClub Logのメッセージは「Club Logに何の登録もされていない」と「"Setting"を終了し"Upload"待ち」の意味です。
つまり、YF5NBのClub Logセットアップは終了し、FT8からのYF5NB分ADIファイルの抽出とアップロードを待っているところでしょう。昨晩の午後8時過ぎに登録の仕方を簡潔に作成し、インドネシア語に翻訳して送っています。中嶋さんにインドネシア語のマニュアル作成を依頼するわけにもいかず、楽しんで作成しました。Next YB-IOTAにも流用するつもりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-209 YB8UTI Karakelong Island Talaud Islands Sked 成功 | トップページ | YB9BU からの分厚い封筒到着 »