World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JE6HID 畠山さんのIOTA Oceania Award 申請報告 | トップページ | 世界一へ一歩前進、IOTA申請者あり »

2020年6月 7日 (日)

6m IOTA chasingが始まりそうです

6月6日の夕方にウォーキング後のシャワーを浴びて焼酎のお湯割りを飲んでいましたら携帯電話が鳴り響きました。すぐにDisplayを見るとJH6BPG松尾さんからです。松尾さんはJA6WJL前田さんの影響を受けられ6mのみによるIOTA申請をこの春に実行されました。QTHが福岡市近郊の太宰府市にお住まいで面倒なメールよりはすぐに携帯電話にかかってきます。

内容はOC-143 YB6HAI Sumatra Islandとようやく6mFT8にて交信で来たとの大喜びのご報告でした。HFオンリーのIOTAから見てOC-143は一般的にはいわゆる雑魚の部類ですが、6m IOTAでは50年も6mを楽しまれている松尾さんにとっては初めてのこと。しかも、Club Log Matchingですぐにポイントアップができます(実際にはQSOして30日後)ので、楽しさも倍どころか3倍、4倍以上の価値観と思えます。

JA3VPA上田さんのご支援のためにYB5QZにお願いしてClub Log Matchingを登録していただきましたが、6mに盛んにQRVされているYB6HAIで完了され、話の途中で私の焼酎は祝い酒になってしまいました。なかなか回収できなかったQSLカードに代わり、Club Log Matchingの真価を発揮しています。早い、低コスト、安心安全などです。

報告だけで引き下がらないところがJH6BPG松尾さんの性格のようです。「ところでつい先日に20mFT8でJA9IFFさんと交信されたOC-144 YE4IJと6mFT8で云々」と切り出してこられました。続いて「アンテナは7MHz用ダイポールなどに無理やり乗せれば大丈夫」と。さらに続いて「9M2TO南雲さんが6mFT8に出てこられてJAにサービスをされていることを確認するとJA-YB間も開けている」と提案してこられました。

電話を終わった途端にYE4IJ Irfanさんへメールをしました。周波数50313、適度なアンテナで十分だそう。6m IOTAの発展にご協力云々とほろ酔い気分で18:00JSTに発信しました。

 

この朝にIrfanさんから返信を確認しました。23:50JST着信です。現在使用しているGPは完全に調整とれていないので、近いうちに6m用アンテナを製作してみたい。明日のお休みにでも。6m自作アンテナの資料を探します云々との内容でした。

私がJAの新規IOTA申請予定者のためにYB-IOTA固定局のリスト整備(Sked、Club Log Matching等)を行っていることをJH6BPG松尾さんは6m IOTAにすべて流用されようというお考えです。これは面白いと思います。全国の6mマンすべてがIOTAをされることはないかもしれませんが、VHF部門のIOTA申請者数で先に世界一になるかもしれません。

ちなみに9M2TO出雲さんもAS-015 Pinang(ペナン) Islandです。HFでIOTA申請をされています皆様もぜひ援護射撃をお願いいたします。また、松尾さんへはYB-IOTA向けの「簡単に作れる6m自作アンテナ」資料をお願いしたりしております。

« JE6HID 畠山さんのIOTA Oceania Award 申請報告 | トップページ | 世界一へ一歩前進、IOTA申請者あり »

コメント

山本さん、中嶋です。

FT8のサブチャンネルの話題がWSJT-Xのフォーラムで出ていて、現行の50.313MHzは隙間が無い位混んでいるので、50.323MHzのサブチャンネルで交信しているとの書き込みがUS局からありました。
YBとのスケジュールを組む場合、このサブチャンネルを活用されては如何でしょうか?
多分、松尾さんもご存じかも知れませんが。

中嶋さん、ありがとうございます。
そのように松尾さんからお聞きしています。
松尾さんのアンテナはQRZ.comのJH6BPGベージに写真があり、コン柱に10エレ八木を乗せられているようです。その判断ですので、JA側の6mアンテナが簡易アンテナだと厳しいかもしれませんね。FT8なら大丈夫でしょうか。しかし、相手は固定局ですから逃げはしませんのでいろいろトライするのも面白いと思います。数局でも良いと思いますので参加してトライしてくださるとありがたいです。

山本さんこんにちは、OC-143 YB6HAIは、私も昨日呼びました。打ち上げ角を高くする為にタワーを下げに外に出ている間に応答があり、帰った時には他局に応答していました再挑戦て、2度目に応答がありましたが、QSO成立には至りませんでした。コロナの影響で、Everyday Sundayとなっていますが、なかなかではありません。Club Log MatchingやLoTWでの承認が早く普及すると良いですね。

澤山さん、長くたよりがありませんでした。(笑い)
 数日前に澤山さんの動向が長いこと不明であることに気づきました。確認するとWJLさんのウエブで5月27日にコメントがあり安心しました。岡山県はコロナ感染者が少ないのでまさかと思った次第でした。
 そうでしたね。澤山さんも6mされていましたよね。どうぞ6m IOTAの普及にご協力ください。
 JAからは交信は問題ないがコンファームが厳しいYB-IOTAでしたが、Club Log Matchingにより、IOTAを新しく始められる局にとって優しくコンファームできる環境を作りたいと願っています。

今晩は山本さん、初めての書き込みです色々お世話になります

昨日は、焼酎タイムの時間だったんですね失礼しました。

中嶋さん今晩は、先日からお世話になりました。
サブチャンネルの件はは数年前からEUが開けた時は50.323で交信をしようと提案されていて、昨年から使用されるようになり今年は多数のEU局がQSYして交信が行われてるのを確認しています、EUが開ける5月ー7月に国内と国外の棲み分けの話もでてるようですが。

澤山さん、初めまして昨日の交信見ていましたEUほどのパイルではなかったと思いますが、彼にとっては初めての6mのパイルで戸惑ったのでは、と思っています最初はスムーズに進んでいたのですが呼ぶ局が多くなり返信に時間がかかっていたようですね、RR73を何回も送っておられたので大丈夫ではと思いますが、後は相手の判断だと思います。

1980年に初めて6mLPのカリブがオープンした怒涛のパイルを思い出しました、それから山本さんコン柱では無くてパンザです。

YBと交信するのは50.313で大丈夫だと思います、多分EUと同時には開かないと思いますので。

松尾さん、コメントをありがとうございます。
GoogleTranslateには博多弁の翻訳はありませんでしたので、一生懸命に標準語に翻訳しました。(笑い)
とても貴重なご提案をありがとうございます。きっと6m IOTAを楽しむ方が数局でもでてくるとYB側もとても喜ぶと思いますし、IOTAの移動運用には必ず6m運用を意識されると思います。
WJLさんが6m IOTAを申請されるときに内心「やめた方がよい」と思っていました。このような6mを楽しむための活路が生まれるとは思ってもいませんでした。少し整ったらJA4DNDさんへ報告してみたいと思います。たいへんありがとうございます。私の楽しみが一つ増えました。

追伸

今日は、午後から9M2TO/出雲さんと共にYB5QZ/AntonさんがEUと多数交信されていたようです。

5月初めに、YB5QZ/Antonさん(OC-143)に6mに出てもらえるようにメールをしたときには、6月にはLFA/5エレ八木が到着する旨の返信をいただき、数日前にJAと交信されていたのでANTが上がったのだなと思っていましたが、今日はEUからパイルを受けたのでは思います。

YBの6mは1979年4月にJA1UTその他メンバーが特別許可を得て初めてYB0Xのコールサインで6mの電波を出した記憶があります、他はVS6/CR9/9M/VS5/HS等多くの地域から6mの伝搬実験をされて、当時の世界の6mはTVで使用されてる地域が多く、EU/中東/東南アジア/ロシア等の一部が限定又は解禁になり現在に至っています。

YBは当初アクティブな局がYB1/YB0と出ていましたが10年前位まであまり聞くことはなかったように思います、特にYB1/YB2/YB0以外で交信したのはYB9Y/YB9AYだけで他のコールエリアの局は昨日のYB6HAI/Andaさんが初めてでした。(ひょっとしたら私だけかもしれませんが)

今の時期又は春/秋の時期赤道横断伝搬で交信可能だと思われますので、YB6mのアクティビティーが上がれば面白いのではないかと思います、今はHF機を買うともれなく6mが付いて来ますので。

山本さんが、皆さんに寄付を募集したが募ってないと(笑)記事に書かれてましたが
1980年代にZB2/4S7その他に、好き者仲間で寄付をして無線機/ANT/増幅器その他を多くの国に送ってもらい相手も喜び自分たちも喜びそんな夢中になった時代が有りました。

松尾さん、おはようございます。
思い出深い貴重な情報をありがとうございます。6mにもIOTAも追い求めるグループができるといいですね。YE4IJへ6mに出てくる依頼をしてもBPGさんお一人ではアンテナを作る気持ちになかなか慣れないかもしれません。グループで5名、10名となられますと相手も即座にアンテナを準備するとともにその前に50313をワッチする意欲が増しますよね。ぜひお仲間にお声がけください。

松尾さん、初めまして、6FT8では良くCALLを拝見しています。飛び受け共に素晴らしいです。6mは本格的にやりだして3年目ですF2伝搬が開いていた時にはZPと3B9しかできていません。DXCCも未だ60少しですが無謀にも6m IOTAにも手を染めてしまいました。未だ5大陸のNAが出来ていません。今のうちに近くで稼いでおきたいです。YBはIOTAの宝庫ですので、HFのみならず。6mにもアクティブに出てくれると嬉しいです。YB6HAIi一応LOGに入れておきます。ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JE6HID 畠山さんのIOTA Oceania Award 申請報告 | トップページ | 世界一へ一歩前進、IOTA申請者あり »