World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 世界一位へまた一歩前進、中嶋さん大忙し | トップページ | IOTA新規申請者が増加しています(2020年6月) »

2020年6月12日 (金)

変化するIOTAの楽しみ方(6m IOTA)

6m IOTAが勢いを増しそうです。JA6WJLさん、JH6BPGさんの影響を受け、岡山のJF4VZT澤山さんから昨日メールをいただきました。お二人と連絡が取れ、JF4VZTさんも6m IOTAに取り組みたいと言われていました。IOTAも1000を超えると年間のNew oneが減ってきて他の楽しみのパーツをたくさん持てば楽しみのキープができそうです。

私もYB-IOTAの活性化支援として固定局リストの整備、そしてIOTA DXベディション時に6m運用の提案のご支援をすることにしました。残念なことに6mは5~7月が最盛期とお聞きしますが、アドバイスをいただきながら実行したいと思います。IOTAによる楽しみのパーツを増やしましょう。

VZTさんのメールの中に「ロシアの6m運用許可」に関しても話題がありました。ロシアでは6m免許が許可になっていないが一部のUA0局が6m運用をされているようだとのことで、早速、IOTAのUA0地域の友人であるR0AZ Slavaさんへ問い合わせとアドバイスを求めました。この朝に返信メールが戻っていましたのでVZTさんへ転送しました。返答の内容に差しさわりがないと判断し、Google和訳分をご紹介します。

「親愛なる秀さん! ああ、あなたの友達は正しいです...
これまでのところ、ロシアでは6 mバンドでの作業は公式に許可されていません。
だが!交渉はそれがすぐに起こるだろう:)
とても面白いですね!

スラバR0AZ」

近いうちにロシアの6mが開放されそうな雰囲気が文面にありますが、さてどうなるでしょう。私もロシアで6mが許可になっていないことを初めて知りました。AS-018サハリンなどの局にアプローチするところでした。今後の動向もR0AZ Slavaさんからいただくようにお願いしました。来年の5~7月には6m IOTAの移動運用がたくさん実現するかもしれませんね。再来年かな。(Tnx JF4VZT & R0AZ)

日本全国で6m IOTAの希望者が任意のグループを作ってまとまって活動すれば、ロシアの6m運用にちょっぴりかもしれませんが好影響を与えることができるかもしれません。

【追記】

JF4VZT澤山さんからのQSPです。「どうやら6m許可下りたみたいです」と、6mでUA0局がパイルを受けているそうです。R0AZ Slavaさんから明確な報告をいただけると思います。これから6mはセットで運用です。

EUのR1/R6、ASのR9/R0のIOTA運用に6mが加わってくることでしょう。ますます面白くなりそうです。JH6BPG松尾さんのIOTA申請時のQSLカードを数枚、申請可能か否か確認のために送っていただきました。HFでは運用されていない6mによるIOTAベディションが現実にいくつもあることを知りました。びっくりしました。ですから逆にHFも運用してくださいと逆依頼を掘り起こすことができます。

« 世界一位へまた一歩前進、中嶋さん大忙し | トップページ | IOTA新規申請者が増加しています(2020年6月) »

コメント

山本さん、今晩は。
最近6mのFT8でアクティブなUA0CGCのことかなと思いますが、JF4VZT/澤山さんはQSOに成功したようですが、当局は未だQSO出来ていません。
ロシアの6mは未だ殆どの地域でアナログTV放送がこの6m付近(映像周波数49.75MHz)のチャンネルを使用していると言われ、本来2019年10月までにデジタルに移行予定だった筈で、移行後はアマチュア無線に開放されると思われていたのですが、UA0CGCの運用許可はそれを表すものであって欲しいです。

因みにUA0CGCのQTHはNew Urgal(ロシア名:ノーヴィ・ウルガル)で、ハバロフスクからアムール川を渡ってバイカル湖方面へ北西に進んだ田舎町のようです。ハバロフスクからはRW0CDという局がよく6mと10mでのクロスバンドQSOを希望して6mを聞いていました。当時は状況からして6mは許可になっていない様子で、時折スプリット操作を間違えて6mで呼んできたりしたことがあり、こちらも判っていながら6mでQSOが成立してしまったことがありました。勿論2WayのQSLカードは頂けていません。
UA0CGCよりQTHが少し西になるRN0JJという局とはQSO出来ていて、QSLもCFMしていますし、DXCCもこの局でUA0がCFMとなっています。

ロシアも早く6mが全面的に開放されて、IOTA運用でも6mのQRVが多くあって欲しいです。

前田さん、詳細をありがとうございます。
私は今後のIOTAベディションに6m運用をお願いするだけです。もちろん、ロシアは正式に許可になってからになるでしょう。問題は持参するアンテナでしょう。

山本さん、前田さん、おはようございます。私も半信半疑でWFWL精神でQSOしました。その日にLoTW等のアップロード致しました。昨朝LoTWでヒットしました。と言うことは正式rライセンス局なんでしょうね。
AS-005,AS-018とか6mtrで出てくるかも、こうご期待です。ヨーロピアンロシアも数局出ていたようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界一位へまた一歩前進、中嶋さん大忙し | トップページ | IOTA新規申請者が増加しています(2020年6月) »