World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-107 YF5NB Club Log uploaded | トップページ | OC-166 YB7's Laut Island 追加情報 »

2020年7月25日 (土)

OC-166 YE7LTN Laut island

表題の件に関してYF5NBとの調整をご支援いただいていましたJF7RJM安孫子さんから質問をいただきました。「先日 FT8でOC-166と思われる局を見つけました。交信相手には Grid Square : OI86 を送っていました。QRZ.comではOC-088と云々」とのことでした。

すぐにYE7LTNのQRZ.comからQTHをコピーし、GoogleMapへ放り込むと南カリマンタン州の離れ島Laut Islandあることがわかりました。5~6年前にYB4IR/7にてImamさんが現地のハムを引き連れてIOTA DXpeditionをやっていたことを思い出しました。他のマップソフトでも確認しましたし、IOTAウエブでもYB4IR/7以外に数局の地元局が承認されていることもわかりました。安孫子さんのGrid Squareからのチェックは初めての体験でした。「なるほどその方法もあるんだ」と感心しました。

Ye7ltn

すぐにYE7LTNをQRZ.com等で詳細に調べ、OC-166 Laut Islandであること、Club Log登録なし、IOTA承認もOC-088/OC-166ともになしを確認し、すぐにメール作成をし、①QRZ.comのOC-088からOC-166への変更、②Club Log登録、③IOTA Validation TeamへのOC-166届け出をお願いを発信しました。Ccで安孫子さんへも送りました。

午後に再びJF7RJM安孫子さんからメールが届き、OC-166と思われる数局のYB7局をピックアップされていました。すごい行動力です。そのなかにはClub Logにも登録されている局、QRZ.comにOC-088と間違って登録している局がいることも教えてくださいました。これならばYE7LTNに3つのことをやってもらわなくても良いかな、他の局でも十分と少し緩んでしまいました。

1月に作成しましたIOTA-YB Needed List 2020においてはOC-166の候補固定局をYC7IPZと記入していましたのでYB7IPZと合わせて調べましたが存在(感)はありませんでした。いまだにQSL via YB9BUのままです。

夜にはYE7LTNから返信メールが届きました。「私は南カリマンタンOC-088です。あなたの言っている意味が分からない」との内容でした。もちろん、すぐに返信し、OC-166 Karimantan's Coastal Islands East groupの存在、そしてLaut Islandはそれに所属する旨の説明メールを送りました。

安孫子さんが調べていただいたYB7局を含めて、IOTA OC-166の対応をいたします。複数局がClub Log Matching/LoTW QSO Matchingまで協力いただけるものと思います。Needed Listでも6局の未交信がおられました。ここ2年でIOTA申請された40数局の多くが未交信かもしれません。たくさんの喜びが生まれそうです。

ちなみにクレジット率は30.6%です。今年の初めにIOTAルールにおける承認の必要性が25%未満から30%未満へ引き上げられました。ぎりぎり入っていませんね。OC-088でクレジットされていることはないと思いますが、IOTA Validation Teamのお仕事もたいへんだと思います。この信憑性が担保されないとIOTAプログラム自体が面白くなくなります。(Tnx JF7RJM)

 

« OC-107 YF5NB Club Log uploaded | トップページ | OC-166 YB7's Laut Island 追加情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-107 YF5NB Club Log uploaded | トップページ | OC-166 YB7's Laut Island 追加情報 »