World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« OC-228 VK5MAV/P Grantie Island 2回目終了、3回目へ? | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 »

2020年8月25日 (火)

AS-068 RI0B 2020からAS-152 RI0Q 2021へ

425DXnewsカレンダーをチェックしていましたら、AS-152 RI0Qの情報を見つけました。

TBA 2021 RI0Q: Bol'shoy Begichev Island (AS-152)    1521 

コロナ禍の影響で多くのIOTA DXpeditionが延期されたためにすっかり忘れてしまいました。UA9KDF IgorさんのチームRT9Kによるプランです。本年AS-068 Ri0Bを成功させ、2021年春にAS-152 Bol'shoy Begichev Islandへ行くプランを425DXnews#1521で確認しました。

RI0Q 2021 ---> Igor, UA9KDF and the RT9K team plan to be active as RI0Q from
Bol'shoy Begichev Island (AS-152) sometime between 1 February and 30 April
2021. More information is expected in due course.

期間は2021年2月1日から4月30日まで、RI0QのQRZ.comにて参加者は6名などと詳細が紹介されています。

UA9KDFが率いるRT9Kチームは2017年春にR0Bエリアの5つのIOTAプランを発表しました。当ブログで呼びかけて40局ほどのJA Friendsからドネーションの協力をいただきました。QSLカードをvia JN6RZMにてドナー分を送ってくださる約束をいただきました。残念ながらAS-005のみで終わってしまいました。さらにEU-190 RI1Fのプランが2017年10月に実施されました。

そして、2018年にRT9K/9のコールをRI0Bへ変更し9月に実行されました。初回の失敗はスノーモービルによる移動による故障車の続出によるスケジュール遅れによる中止、RI1Fはチャーター船による成功、RI0B 2018もチャーター船による成功でした。残念なことにRT9K/9におけるQSLカード一括送付の約束の返事をいただけなかったために私は4つのRI0Bとの交信を拒否しました。と、いうより聞こえなかったといった方が良いかもしれません。ドナーに対するお詫びが本音です。

そして、2020年2月にAS-068 RI0Bが実施されました。私はすでにクレジット済みでしたのでパスしていましたが、Igorさんからメールがちょくちょく届きました。ドネーションギャザリングでこれだけ信頼を失ったのは初めてと返信しました。AS-068でのドネーションもタッチしませんでした。スノーモービルによる移動でしたので固唾をのんで見守りました。

そして、2021年春のAS-152 RI0Qをスノーモービルによる計画です。QRZ.comに詳細情報が掲載の予定です。まだJAからの訪問者は少ないようです。私はGoogle Chromeをメインで使用していますのでロシア語をワンタッチで和訳して表現でき重宝しています。

20200825

とても便利です。Internet Explorer使用の場合は左下のテキストボックスからGoogle Chromeを呼び出して利用することが可能と思います。

QRZ.comの最初の書き出しが「To organize and conduct this expedition, we need to find $ 15,000.」です。約150万円かかるようです。

« OC-228 VK5MAV/P Grantie Island 2回目終了、3回目へ? | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-228 VK5MAV/P Grantie Island 2回目終了、3回目へ? | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 »