World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Club Log Matching 不具合から改善、そしてIOTA申請へ | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Granite Island again »

2020年8月16日 (日)

IOTA CPのウエブを確認する

IOTA CP JAホームページが毎日のようにメンテナンスされています。特に「Club Log/LoTW QSO Matching 可能な局のリスト」をタイムリーにレポートしてくださりQSLカード回収に代わってマッチングの時期が速報されたいへんありがたいと思います。「マニュアル」もとても充実し、新規のIOTA申請に関しましては下手にお答えして間違えるよりは、「ここをご覧ください」で質問に答えることができます。

JAではそのようにとても便利ずくしのサービスになっていると思います。世界を見て他の22名のCPのホームページや特にClub Log Matchingの使い方に対しての質問などを調べたくなりました。そこで、結論から申し上げますと、一部のらしきものを除いてはありませんでした。一部のCPはホームページでClub Log Matchingに関しては本部へを案内しているような感じです。

LoTW QSO Matchingに関しては現時点では何もありませんでした。余程以上にIOTAをやりたいという強い意志がないと新規にIOTA申請は結構たいへんな事のように感じました。CPの件もありますが、IOTAチェイシングを楽しんでおられる多くの局においてもClub LogやMatchingに関して登録などしてしまうと何年も携わらなくなりわからなくなっている傾向を感じます。

Club Log/LoTW QSO Matchingと良い意味で毎日のように情報が飛び交わって騒いでいるのはJAだけのように感じます。特にコロナ禍の影響でNew IOTAの運用も激減してしまい、IOTA CPの活動も見えずらくなっているようです。

WやDLの情報も収集しています。比較したりして楽しむことができます。その中でQSLカードの時代は断り文句として、①QSLカードを探すのが面倒、②カード回収にコストがかかり過ぎるなどというものが多かったのですが、Club Log Matchingの時代に入っては①操作がわからない或いは面倒が多いようです。その質問先や駆け込み寺を充実させているJAが世界一位になれそうなことは事前なことと感じております。

ところで、23名のIOTA CPをざっと検索してみましたが、ハンサムな人が多いことに気づきました。トム・クルーズやハリソン・フォードに似た感じを受けました。 

« Club Log Matching 不具合から改善、そしてIOTA申請へ | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Granite Island again »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Log Matching 不具合から改善、そしてIOTA申請へ | トップページ | OC-228 VK5MAV/P Granite Island again »