World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« EU-029 OV1CDX Sjaelland Island on Cluster | トップページ | 隣のCP(チェックポイント)を確認してみます »

2020年8月10日 (月)

259局目のIOTA申請支援

2020年1月末締めにおけるエンティティ別IOTA申請者数はWの257局、そして2位がJAの231局です。その差26局にて2月22日から再開しました。ほぼ6か月後の7月末にJA8のOMさんから新規申請があり257のWと並び、そして8月に入った直後に宮城県のOMさんより新規申請をいただき、258局とまるで元旦の箱根駅伝TV中継の抜き去りを見ているような感覚を覚えました。

8月8~10日の三連休直前の8月7日に6月に提案し、反応がありましたが滞っていた5局へ2か月ぶりのお願いのメールを送らせていただきました。三連休に入ったところでJA3のOMさんから時間が取れるのでIOTA申請をやりますとのご返事をいただきました。

QSLカードとIOTAコンテストマッチングの時代はゆったりとしてカードの記載方法やCP JAへの送り方のご質問がほとんどでしたが、マッチングに関しては細かい質問が飛んできます。昨晩に他エリアでの移動運用とコールサイン/Mに関してのご質問をいただきました。回答をしたのですが、不安になりCP JAの中嶋さんへ確認のメールをしました。すぐに回答をいただき、中嶋さんと二人三脚で支援することをお伝えしました。

この朝に再度質問を二ついただきました。回答できそうな内容と思いましたがClub Logやマッチング画面の展開に関してのご質問でした。万一、間違ってもう辞めたなどになると困るなと思い今度は中嶋さんへ確認ではなく、支援を求めました。これまた運よく在宅ですぐにJA3のOMさんへ回答してくださいました。私にもCcでいただきましたのでとても安心しました。

JA3のOMさんはIOTAをやってみたいともともと思っておられたようです。タイミングよく私のメールが届いて、世界一位への主旨、Club Log Matchingの利便性の2点が伝わり行動を起こされたようです。LoTW QSO Matchingの提供もあるでしょう。

1997年にJA3AER荒川さんのご努力でIOTA CP JA設置を当時のRSGB IOTA Committeeから確約をとられ、JA9IFF中嶋さんが担当されたことに改めて感謝しています。

近年、各分野で日本をライバル視している中国や韓国にはIOTA CPを置くことの気配もなく、さらにIOTAの世界でJAがトップになれそうだというところが何とも言えない気持ちでいます。もちろん、同じアジアの次のIOTA CP設置予定があれば協力したいと思います。

まもなく259局目のJA IOTA申請者が誕生しそうです。お待ち申し上げています。

【追記】

中嶋さんと3回ほどメールのやり取りをされて夕方には申請手続きを完了されました。大阪府のOMさんです。399件にて申請されたそうです。まもなくIOTA Ltdからの承認が届くと思います。

8月11日の朝に承認が届き、259局目の登録が終わりました。Wの257は2020年1月31日時点の申請者数です。まだまだ必要です。皆様のお声がけやご紹介をお願いいたします。

« EU-029 OV1CDX Sjaelland Island on Cluster | トップページ | 隣のCP(チェックポイント)を確認してみます »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-029 OV1CDX Sjaelland Island on Cluster | トップページ | 隣のCP(チェックポイント)を確認してみます »