World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 | トップページ | QSLカードの利用率を考えてみる »

2020年8月26日 (水)

OC-298P Tatakoto Atollの話題

この朝にI5BZ MarioさんがIOTA-chasers Forumに表題の件を「[IOTA-chasers] FO5RH, Tatakoto Atoll, OC-298. 」のタイトルにて投稿されました。FO5RH Alainさんの動向に対する質問でした。

2019年6月22日にOC-066から分離して誕生したNew IOTAですが、すでにFO5RH Alanさんの居住地でした。その以前にも運用されていますが、6月25日からWの友人たちに応えてサービスを開始されました。Alainさんがこのまま毎日少しずつサービスして5大陸1000局との交信を達成してくれると多くのIOTAチェイサーが望んだと思います。しかし、コロナ禍の影響ですっかり忘れられてしまいました。

昨年6月に当ブログに投稿しました記事をお読みください。
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2019/06/post-45fe6e.html

さっそく、2019年6月以降、2020年8月までクラスターを確認しました。なんと。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ  Remarks       Reporter
=============================================================================
FO5RH 19/06/25 2034Z 14023.4 Heard in NV and TX W3LPL
 .

FO5RH 19/05/16 0046Z 14003.4 Heard in CA and AZ W3LPL  

クラスターは2019年5月16日から6月25日の約40日で止まっていました。2019年6月25日以降は期待に反して2020年に入っても1件もクラスターにはレポートが上がっていませんでした。

島の南西部に1190mの滑走路があり、その北側にはTumukuruという集落があります。50~60軒の建物があり外海側に港もあります。コロナが落ち着けばベディションの企画も行われることでしょう。楽しみに待ちましょう。島は逃げませんので。

Oc298p

 

« OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 | トップページ | QSLカードの利用率を考えてみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-228 VK5MAV/P Grante Island 支援報告 | トップページ | QSLカードの利用率を考えてみる »