World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-298P FO TX0T Tatakoto Atoll plan | トップページ | 北極海の氷がますます減少する »

2020年9月23日 (水)

SA-079 ZV1M Palmas Island plan

この朝5時56分着信でRenato PY8WWにより「[IOTA-chasers] ZV1M IOTA SA-079」のタイトルにてメールが届きました。

内容は、https://paradxgroup.wordpress.com/2020/09/22/zv1m-ilha-das-palmas/ のみ1行でした。7月に上陸できずキャンセルになったSA-079 ZV1Mの新しい再挑戦の日程プランが届きました。Google Translateによる自動和訳です。

Indice1

Ilha das Palmas、IOTA SA-079、DIB RJ-026への遠征-2020年10月29日から11月1日まで、7月に悪い気象条件のためにチームは島に着陸できませんでした。

チームは以下で構成されます:

PY8WW-RenatoAraújo
PY1CG-カルロスギンレ(パイロット)
PY1MT-マルセロタバレス

Ilha das Palmasは初めてアクティブ化され、島のグループ「リオデジャネイロステートセンターグループ-IOTA-079」の一部であり、ブラジルの新しいDIB、RJ-026になります。

チームは、距離、マスクの使用、アルコールジェルの使用などを維持するすべてのcovid -19防止ルールに従います。

イルハダスパルマスは無人のリオデジャネイロにある小さな島で、インフラがなければ、電気も飲料水もありません。着陸は岩の上で行われ、海の状態は一般的に良くありません。グリッドロケーターはGG86FWです。

10-15-20-40-80メートルの帯域は、CW、SSB、DIGITALモードでアクティブになります。

 

私のSA-079は意外と新しく2009年5月3日 0941UTC SA-079 PT1R 7MHzCW 599/599 Rasa Island via PY1NBとなっていました。翌4日に1IRC+1USDにて請求し、同年8月8日にQSLカードを受領しています。SA-IOTA 45番目のCFMでした。ハイバンドのコンディションが低下しつつあるころで7MHzCWにてやっとの思いで交信できたと記録しています。

SA-IOTAのその前回は、前年の2008年2月にSA-053 XR7Wと交信していますが、これはJA Friendsとともに手厚い支援をしましたので、JAをたくさん拾ってくれたと思います。10MHzCWと7MHzCWです。同じく、SA-IOTAのその次回は4年後の2013年1月のSA-096 LU6W by VE3LYCで14MHzSSBでした。この交信はラッキーとしか言えませんでした。

コロナ禍の中、少々無理してIOTA運用へ移動してくださる皆さんへ敬意を払い、どしどしブログに掲載してみたいと思います。

【追記】

QRZ.comのZV1Mを確認すると2012年から2019年までに下記のIOTA SA-029運用を6~7回ほど実施しています。

2012 ITACURUÇÁ ISLAND - CONTEST IOTA - SA-029 DIB RJ-08 (february/2012)
2013 PAQUETÁ ISLAND - LIGHTHOUSE WEEKEND SA - DIB RJ-03 BRA-222
2013 GRANDE ISLAND - CONTEST IOTA - SA-029 DIB RJ-02
2014 JURUBAÍBA ISLAND - LIGHTHOUSE WEEKEND SA - SA-029 DIB RJ-22 LH BRA-225
2015 JURUBAÍBA ISLAND - LIGHTHOUSE WEEKEND SA - SA-029 DIB RJ-22 LH BRA-225
2016 GRANDE ISLAND - LIGHTHOUSE WEEKEND SA - SA-029 DIB RJ-02 LH BRA-230 PAU A PINO
2017 JURUBAÍBA ISLAND - LIGHTHOUSE WEEKEND SA - SA-029 DIB RJ-22 LH BRA-225

同様にZV1MのClub Logを確認します。

Log to search: ZV1M
2,476 QSOs logged between 2012-04-22 18:20Z and 2020-07-26 11:55Z

QRZ.comに掲載のすべてのIOTA運用をClub Log登録期間内に入っています。


IOTAウエブの自分のIOTAの中のAccepted activationsのSA-029を確認します。(右二つのZV1Mは「Callsign uploaded to Club Log」と「Callsign uploaded to LoTW」の意味です)

Accepted activations for QSO matching
ZV1M SA-029 Grande ZV1M ZV1M
ZV1M SA-029 Jurubaiba ZV1M ZV1M 

見事にClub Log Matching/LoTW QSO Matchingが登録済です。ただし、Grante IslandとJurubaiba Islandの下二つのみか下五つ分までかわ確認できません。可能性として、今回のSA-079 ZV1Mは二つのMatchingシステムにまず間違いなく登録される可能性が高いことがわかります。

« OC-298P FO TX0T Tatakoto Atoll plan | トップページ | 北極海の氷がますます減少する »

コメント

今晩は、山本さん
まだ先のお話ですが、
py1mt omから“for asia around 0900 am” qspです。
ここに転載させていただきます。

狩野さん、おはようございます
10年ぶり(?)の当ブログへのコメントをありがとうございます。Hi とても重要な情報です。コロナ禍で止まっていたIOTA Activitiesをどしどし活性化させましょう。さらにご協力ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-298P FO TX0T Tatakoto Atoll plan | トップページ | 北極海の氷がますます減少する »