World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« OC-166 Laut Island vs OC-088 Kalimantan Island その2 | トップページ | YBからの普通国際郵便到着 »

2020年9月10日 (木)

AS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov Island QSL cardはそろそろ?

2020年4月に実施されましたAS-207 R207RRC Kosa Dvukh Pilotov IslandのQSLカードはそろそろ発信される時期が近付づいていると思われます。当ブログでも何度か話題にしました。現在は事前ドネーション局に少し遅れて事後ドネーションをされた局向けにLoTW QSO Matchingにてクレジットデータを得られるという状況です。

過去のデータをもう一度調べてみました。私のUA3AKO関係のQSL管理ノートから転記します。
2016年 RT92KA via UA3AKO 10USD 4/29Wkd 5/25Cfm AS-092 Alyumka Island
2017年 R71RRC via UA3AKO 13USD 5/2 Wkd 10/11Cfm AS-071 Arakam chechen Island
2018年 RT65KI  via UA3AKO 2000Yen 8/2Wkd 10/11Cfm AS-065 Idlidlya Island Magnet RCVD
2020年 R207RRC via UA3AKO 13USD 4/7Wkd          Cfm AS-207 Kosa Dvukh Pilotov Island Magnet?

2016年のRT92KAはRSGB IOTA CommitteeからIOTA Ltdが分離独立する関係で紙のIOTAアワード廃止の情報が流れ、IOTA700アワードに王手でした私はUA3AKO Victorさんへ無理のお願いをし、AS-092 RT92KAの特別カードを作って送ってもらいました。10月に正式QSLカードと2回も送ってくださいましたがデザインは同じでした。つまり、4月末運用で5月にはQSLカードのデザインはできていました。

UA3AKO VictorさんやCP JAのJA9IFF中嶋さんにもご理解ご協力をいただき、5月27日付けでIOTA700アワードをいただけました。

2017年はRT92KA分送料3USDを加えて事前ドネーションを、すっかり仲良くなり2018年は2000円を送りましたら、AS-065 RT65KIのマグネットをQSLカードとともに送ってくださいました。また、この時はVictorさんからJAのノビス級の質問をもらい、4アマ向けに40mSSBと3アマ向けに17mCWのアンテナを準備してくれました。ロシアのハムの中では最も親日家と思っています。

このデータから、QSLカードのデザインは1か月くらいで出来上がっていることがわかります。さらに最近のIOTA-chasers Forumでは2月に実施されましたAS-068 RI0B 2020のQSLカード到着との多くの情報が書き込まれています。via UA9KDFです。モスクワからの遠隔地ですがモスクワ発の航空路も大丈夫と判断してよいのではないでしょうか。UA3AKOはモスクワローカルです。

続いて、Club Log MatchingにおけるAccepted Activationsの件です。要するにQSLカードを使用せず、Club Log MatchingでのIOTA申請の件です。私はブログ作成のために2017年1月17日より2~3か月単位の随時でこれをエクセルにコピーして保管しています。
2016年4月運用のAS-092 RT92KAは2017年1月分には未掲載、2017年6月分に掲載。つまり、2017年1月末はQSLカード申請のみ。
2017年5月運用のAS-071 R71RRCは2018年1月分には未掲載、2018年6月分には掲載。同様に2018年1月末はQSLカード申請のみ。
2018年8月運用のAS-065 RT65KIは2019年1月分には未掲載、2019年6月分には掲載と同じパターンでした。

つまり、同様のルーティンでUA3AKOが処理されるならば10月にダイレクト請求分のQSLカードが到着し、Club Log Matching登録は2021年3月以降になるということでしょう。おそらく、LoTW QSO Matchingも同時期に完全セットアップが実現されると思われます。

以上、ご参考ください。

 

 

« OC-166 Laut Island vs OC-088 Kalimantan Island その2 | トップページ | YBからの普通国際郵便到着 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-166 Laut Island vs OC-088 Kalimantan Island その2 | トップページ | YBからの普通国際郵便到着 »