World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« SA-079 ZV1M Palmas Island plan | トップページ | N6FX G C Bantaさんの紹介 »

2020年9月23日 (水)

北極海の氷がますます減少する

「過去2番目に小さい記録 北極海の海氷面積―NASA」のタイトルにて2020年09月23日09時26分 JIJI.comに記事と写真が掲載されました。

20200923at11s_p 

記事によると2020年9月15日が記録上2番目に氷の面積が小さくなったそうです。温暖化の影響です。上記の北極海のマップを見ていただくとアラスカからロシア、スカンジナビア半島まで全く着氷がなく、言い換えるとすっぽんぽんの状態です。大陸から氷まではものすごい距離幅の海原が広がっています。

逆にカナダのVY0エリア北極海沿岸やグリーンランドOX北部は氷が残ったままです。ロシア関係のR1,R9,R0-IOTA運用はますますしやすくなるでしょう。

私がいつも活用しています「北極海の氷の状態」のウエブです。https://ads.nipr.ac.jp/vishop.ver1/ja/vishop-monitor.html?N

North-pole

北極点を中心に白い氷の状態、黒が各大陸、ほかの色が温度別の海の状況です。2002年以降から2020年の本日まで日別に氷の状況を見ることができます。年度比較などが簡単に見ることができます。

ロシアのIOTA activitiesが上がることはうれしいですが、反比例で温暖化はつらいところです。

« SA-079 ZV1M Palmas Island plan | トップページ | N6FX G C Bantaさんの紹介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-079 ZV1M Palmas Island plan | トップページ | N6FX G C Bantaさんの紹介 »