World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA 運⽤報告マニュアル rev 0.9 (2020/Sep/15) がCP JAホームページに掲載 | トップページ | Club Log Matching/LoTW QSO Matching登録の必要性の一事例 »

2020年9月16日 (水)

AS-206 JA0/1/2 Honshu's Coastal Islands EASTの2019年6月以降のActivations

AS-206 Honshu's Coastal Islands EASTは2019年6月22日にAS-117より分割し誕生しました。たくさんのJA局の新規IOTA申請のご協力をいただき間接的ではありましたが高評価をIOTA Ltdへ影響し生まれたものと信じています。2014年のAS-200 Shikoku's Coastal Islandsに続いて、2019年のAS-206、そして2024年にもJA-IOTAにNew IOTAを誕生させたいものです。

二つのAS-200、AS-206誕生に携われましたCP JAの中嶋さんからも、今度はAS-206を分割させてはとの案をいただきました。中嶋さんが作ってよと言って、はいそうですかと誕生するものではないと思います。そのためにはAS-206のクレジット率を60%位にもっていかないと分割できないでしょうとのアドバイスです。現在のAS-206のクレジットは19.0%です。

この19.0%は過去にIOTA申請をされた局すべて、例えば5年間未申請ルールによるリスト削除の局も含まれる母数に対して現在のAS-206クレジットを得られている局を分子としています。そのため、Credited to users that have submitted an application in the last 5 years 31.1%と5年以内のクレジット率、Credited to users that have submitted an application in the last 10 years 25.6%と10年以内のクレジット率が設けられています。

二つの数字の変化は母数が変化しているためと思います。ここでは31.1%を60.0%へ引き上げると考えてよいのではないでしょうか。2019年6月に誕生し、JA7ZRY/7を皮切りに多くのActivationsが動き始めました。以下にまとめてみました。

190709①JA7ZRY/7 ●300 QSOs logged between 2019-07-09 00:09Z and 2019-07-15 09:08Z O (JA7 Miyagi Prefecture)
190713②JO1CRA/7 ●902 QSOs logged between 2019-07-13 16:44Z and 2019-07-15 05:57Z O (JA7 Miyagi Prefecture)
190713③JF1CCH/0, JQ1SUO/0 JF1CCH/0 ●1,098 QSOs logged between 2019-07-13 00:11Z and 2019-10-20 23:55Z Sado
190715④JH2RMU/2 268 QSOs logged between 2018-05-01 03:20Z and 2019-07-15 13:22Z Toshi
190720⑤JI3CEY/0 1,151 QSOs logged between 2019-07-20 10:36Z and 2019-07-21 23:06Z Sado

190821⑥JF1SEK/7 ●339 QSOs logged between 2019-08-21 04:43Z and 2019-08-22 00:52Z O (JA7 Miyagi Prefecture)
190824⑦JR7DXE/7 ●266 QSOs logged between 2019-06-29 00:22Z and 2019-08-24 23:43Z O (JA7 Miyagi Prefecture)
190906⑧JI3DST/0 ●591 QSOs logged between 2019-09-06 10:14Z and 2019-09-10 23:04Z Sado
190907⑨JR8YLY/0 ●127 QSOs logged between 2019-09-07 23:43Z and 2019-09-08 08:40Z Sado
190917⑩JH7IPR/P 480 QSOs logged between 2019-05-17 01:10Z and 2019-09-17 08:31Z O (JA7 Miyagi Prefecture)

190922⑪JA8COE/0 ●803 QSOs logged between 2019-09-22 05:54Z and 2020-03-23 00:12Z Sado
190928⑫JH7IPR/7 13,761 QSOs logged between 1975-03-23 21:14Z and 2019-09-26 11:20Z O (JA7 Miyagi Prefecture)
191004⑬JG7PSJ/7 ●4-6 October 2019 O (JA7 Miyagi Prefecture) 149 QSOs
191020⑭JG1LFF/2, JG3DOR/2, JJ2ONH/2 and JR2NMA/2● 20 October 2019 Shino
191012⑮JF1CCH/0, JQ1SUO/0 12-14 October 2019 Sado JF1CCH/0 ●1,098 QSOs logged between 2019-07-13 00:11Z and 2019-10-20 23:55Z Sado

191026⑯JA4GXS/0 ●181 QSOs logged between 2019-10-26 12:28Z and 2019-10-27 21:58Z Sado
191102⑰JK3ZXK/2 ●1,004 QSOs logged between 2019-11-02 08:06Z and 2019-11-04 00:02Z Suga
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
200323⑱JA8COE/0 ●803 QSOs logged between 2019-09-22 05:54Z and 2020-03-23 00:12Z Sado
200612⑲JG7PSJ/7 ●12-14 June 2020 O (JA7 Miyagi Prefecture) 330 QSOs 

拾える範囲で集めてみました。Club Log登録にて、開始日時を夫々の頭に付しました。スタートが不明の場合はEndの日にちとしました。細かい部分はご勘弁ください。

2019年度は15回(コールサイン)のActivationsです。2020年はコロナ禍の影響でわずか2回です。「●」はClub Log/LoTW Matching登録済です。IOTAリストのAS-206には37件の島が掲載されています。内訳はJA1-2島、JA2-18島、JA7-15島、JA0-2島です。このリストのActivationsはJA1-0島、JA2-3島、JA7-8島、JA0-7島です。JA2エリアの差異が大きいようです。

日帰り運用でも結構ですので新型コロナに十分に注意され、WWコンテストなどに合わせてサービスされるなど企画されてはいかがでしょう。

【追記】
ちなみにAS-117 Honshu's Coastal Islands WESTを確認しました。
Credited to users that have submitted an application in the last 5 years 67.3%
Credited to users that have submitted an application in the last 10 years 62.2%
Credited to users to have at least once submitted an application in the history of IOTA 49.9%

やはり5年以内のクレジットが67.3%になっていました。

« IOTA 運⽤報告マニュアル rev 0.9 (2020/Sep/15) がCP JAホームページに掲載 | トップページ | Club Log Matching/LoTW QSO Matching登録の必要性の一事例 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA 運⽤報告マニュアル rev 0.9 (2020/Sep/15) がCP JAホームページに掲載 | トップページ | Club Log Matching/LoTW QSO Matching登録の必要性の一事例 »