World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« OC-298P TX0T Tatakoto Atollが運用されたその後について | トップページ | IOTA Asia 464番目のアワード その2 »

2020年10月23日 (金)

OC-298P TX0T 今日はコロナ検査

OC-298P TX0Tのウエブサイトに2020年10月21日付けのNewsに次のようにレポートされました。

NEWS

21 October 2020

In order to comply with current entry requirements of French Polynesia, I need to take a covid-19 test on Friday, three days in advance of my departure flight. I am scheduled for it at 9:50 am. There is no such thing here as a 'rapid' test, so the results are not guaranteed to be available by Monday morning, but I was told that most of them come within 24 to 48 hours. Fingers crossed!

軽く見過ごしてしまいそうでしたが、VE3LYC Cezarさんは出発前の3日前の金曜日の午前9時50分にPCRの検査を受けなければならないようです。少なくとも24時間から48時間以内に結果が判明しGo signとなるようです。万一のことは起きないと思いますがスムーズに進捗するように祈りたいものです。26日の月曜日にトロントを出発し、サンフランシスコ経由でパペーテへはいります。

French Polinesiaのコロナ禍における入国対応を少し調べてみました。
https://tahititourisme.jp/ja-jp/covid-19/

Fo

新型コロナウイルスCOVID-19に関わる渡航情報

2020年9月15日 パペーテ
フランス領ポリネシアへの入国および滞在の条件
フランス領ポリネシアは、空路で到着するすべての旅行者(6歳以上の居住者および非居住者)に該当する入国および滞在の条件を以下の通りとします。

2020年7月15日に入国時の検疫措置が解除され、フランス領ポリネシアの国境はすべての国からの観光目的の訪問に開かれました。 すべての旅行者は入国に際し、以下の必須条件の対象となります。

搭乗前:
国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査(承認および非承認試験のリスト)の陰性証明。
Etis.pf プラットフォーム(電子旅行情報システム)で事前に行う健康情報登録受領書の提示。
滞在中:
タヒチ到着日から4日後の自己検査の実施。
フランス領ポリネシア当局は、以下の措置を10月15日まで実施する事を決定しました(延長の可能性有)。

ディスコとナイトクラブの閉鎖。
公道または一般に公開されている場所での10人以上の会合には、事前の当局による認可が必要です。この認可には、イベントプランナーが実施する健康対策を明示する必要があります。
レストランおよびバーでの厳格なルールの適用(着席が義務づけられ、各テーブル間の最小距離を1メートルに維持し、移動するときは全員がマスクを着用する必要があります)。
店舗、水上タクシー/フェリー輸送、飛行機、公共地上輸送、空港、フェリーターミナルなどを含む多くの人が集まる屋外の公共空間ではマスクを着用は必須となります。この要件を遵守しない場合、最高745.82ユーロの罰金が科せられます。
10人を超える非公式(私的)会合は、ビーチ、緑地、公園、川岸、ピクニックエリア等の場所では禁止されます。

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

旅行滞在に際しての条件 について (以下、Q&Aで省略します)

Etis.pf プラットフォーム(電子旅行情報システム)とは出発前に提出する旅行計画書です。インターネットで利用できてとても便利です。要は出発便の3日前にPCR検査を受け陰性の照明を得ること。現地到着後4日目に再度検査を受けることになっていました。

マスク着用が義務付けられているようです。トロントに日本製の高級マスクを送ってあげればよかったと思いましたが、残念ながら間に合いそうにありませんね。全体的に大きな負担はないようですが、少々時間の制約を受ける程度でしょうか。おそらくご家族がこのコロナ禍の海外旅行における感染を心配されていると思います。

  

« OC-298P TX0T Tatakoto Atollが運用されたその後について | トップページ | IOTA Asia 464番目のアワード その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-298P TX0T Tatakoto Atollが運用されたその後について | トップページ | IOTA Asia 464番目のアワード その2 »