World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« NA-059 NL8F Unalaska IslandとのSked | トップページ | UA6GG OlegさんからのQSP(R207RRCなど) »

2020年10月13日 (火)

AS-207 R207RRC, UA3AKO Victorさんへのメール

表題のAS-207 R207RRCが運用されました2020年4月初旬から半年が経過しました。過去のUA3AKO等による3回のIOTA DXpeditionはすべて10月10日までに到着しています。今回は7月にDonor分のみLoTW QSO Matchingによりクレジットを得られるように対応されました。しかし、いまだにQSLカードのイメージなども発表されないまま10月中旬に時は進みました。2021年1月末の年次締めまで3か月半となりました。

UA3AKO Victorさんへ本日午前中に確認のメールをお送りしました。
第一にR0K ChukotkaエリアのIOTA DXpeditionかチームとして終了されたので、2021年からはチームとしての活動予定はどのように考えておられるか。
第二にAS-207のQSLカード発行並びにMatchingシステムに関してです。ドナーに対して7月にLoTW QSO Matchingによるクレジット可能の対応をしていただいたことへのお礼、ただしドナーである私や私の数名の友人はLoTW未利用のために未入手であることを伝えるとともに、コロナ禍による国際郵便の遅延等を配慮できているかなどを質問させていただきました。

UA3AKO Victorさんは私が存じ上げますロシア局の中でも3本の指に入るほどの親日家と思っています。この4回のIOTA運用においてJAの免許制度を詳しく調べられ、3アマ向けや4アマ向けなどとそれに合わせたバンド別のアンテナを準備して運用するなど本当にありがたいと思っていました。たまたまかもしれませんが時期が一致しましたので、そのおかげでJA局による新規のIOTA申請が約70局ほど増加しましたと伝えました。

返事をいただき次第に再度報告いたします。

【追記】

ドナー一覧はこのURLからどうぞ。
http://r207rrc.ru/en/donation-en

« NA-059 NL8F Unalaska IslandとのSked | トップページ | UA6GG OlegさんからのQSP(R207RRCなど) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-059 NL8F Unalaska IslandとのSked | トップページ | UA6GG OlegさんからのQSP(R207RRCなど) »