World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« YB9BUの現状とQSLing | トップページ | YB-IOTAの過去ログを確認してみませんか?(消えるYB-IOTA Log & QSL card) »

2020年11月28日 (土)

Old QSL card OC-219 YB8ZYのseeking

一昨日にYB9BUのQSLing infoをIOTA-chasers Forumへ投稿しましたところ、SM4DDS Kjellさんよりメールをいただきました。内容はYB9BUが扱っているQSLカードではなく、YB-IOTAの焦げ付きQSLカードの相談でした。1997年3月に実施されましたOC-219 YB8ZY Wangiwangi IslandのQSLカード未回収の件でした。23年7か月前の運用です。

私は1997年5月にIOTAをスタートさせました。その9月にCQ誌のIOTAコラムを遡って確認し1997年3月号か4月号にOC-219 YB8ZYが掲載され、未回収でしたのですぐに請求しました。via YC8KAR宛へ1GSのSASEで1997年9月3日に請求しました。翌98年7月13日に届いたJARL経由にて運よく受領できました。

Nusantara Award管理のためのIndonesian Islands Listでは、「 YB8ZY(Operated on Mar 97)  QSL via YC8KAR but he is SK. And YB0RX was new MGR, but also SK. Log and QSL card is lost already.(YB1TCs info)」と記載していました。最初のQSLmgr YC8KAR、2番目のYB0RXもSKとなり、LogとQSLカードは行方不明とYB1TC Kardiさんからのご返事を書いています。

2014年くらいにYB1TCからいただいた情報です。YB1TCもOC-269 YE7PなどのQSLカード発行で2019年初めから探していますがKardiさんも連絡つかずの状態です。10年以上前のLog & QSLカードがどんどん消えていると感じました。その旨をSM4DDSへお伝えしました。

そのあとに何の気なしでQRZ.comのYB8ZYを検索して見ましたら、YC8IBD MaminさんがOC-219 YB8ZYを復活して登録していました。すぐにYC8IBD Maminさんにメールにてサポートを求めてみました。CcでSM4DDSへも発信しました。

この朝にはSM4DDSより感謝のメールが届きましたが、肝心のYC8IBDからの返事はありませんでした。このMaminさんとは以前に交流があったのですが、なにをしたのか記憶に残っていませんでした。

そこでFacebookの検索にMaminを入れてみると見事にヒットしました。Messengerを確認するとMaminさんとの過去の情報交換の交流履歴がばっちりでてきました。Nusantara AwardのためのOC-236 YB8K回収のお願いやOM3JW Steveさんの分の回収支援でやりとりをしていました。

要するにYC8IBD MaminさんがOC-219 YB8ZYのLog & QSLカードの存在を知っているか否かの回答です。23年前の金庫の扉を開けることができるか返事待ちです。

【追記】

FacebookのMessenger並びにメール返信がなければOC-219 YB8ZYのログ、QSLカードはすでに存在しないと判断します。23年前の運用ですのでかなり厳しいと思われます。ましてや、この頃のYBではほとんどが大学ノートに手書きで記載したログ帳が多いです。電子六の登録、Club Logへの登録、Matchingシステムへの登録は相当にハードルが高いでしょう。

« YB9BUの現状とQSLing | トップページ | YB-IOTAの過去ログを確認してみませんか?(消えるYB-IOTA Log & QSL card) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB9BUの現状とQSLing | トップページ | YB-IOTAの過去ログを確認してみませんか?(消えるYB-IOTA Log & QSL card) »