World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« YB5NOF JohnさんのIOTA実績 | トップページ | AS-152 RI0Q Bol'shoy Begichev Island QRV from around 17th Match 2021 »

2020年12月 5日 (土)

OC-298 TX0T Tatakoto Atollの手続き進捗 その2

予定の12月5日になった途端に各種DX情報からOC-298 TX0TのLoTW QSO Matchingが可能になったとのレポートが上がりました。午前中は外出したため、確認が遅れました。

IOTA-Worldウエブを開いて確認してみました。

Oc298-2_20201205141301

12月3日の当ブログの「手続き進捗1」では「Verified activations of OC-298」にTX0Tのみでしたが、矢印の通り「Credited activations of OC-298」にFO0CLA Tatakoto と FO5RH Tatakotoの二つが掲載されています。これはOC-066からのコンバートでしょう。他にも2~3あったはずですがHW? またすでにOC-066からOC-298へ完全コンバートできたのでしょうか。一つ前の画面にもどります。

Oc298-3_20201205142001

承認の有無が「Yes」に変わりました。さらににその上のクレジット率は0.0%のままです。OC-066からのコンバート分はまだクレジット率として反映していないようです。次にログインして自分のIOTAの「電子可能な運用」のOC-298を確認してみます。

Oc298-4_20201205142301

なんと、LoTW QSO Matchingのみならず、Club Log MatchingにもTX0Tが可能となっていました。私はまだADIファイルを登録していませんので今から作業をして確認してみます。

最後に、OC-066 FO0CLAとFO5RHの確認をしてみました。

FO0CLA Tatakoto
FO8AA/P Tatakoto
TX5TES Tatakoto  の3つが残っていました。現在システム的にコンバート作業をしているためにこのようになっているのかもしれません。

【追記】

私は事前ドナーですが、TX0Tのadiファイルを登録し、Club Log Matchingをかけましたがヒットはしませんでした。

« YB5NOF JohnさんのIOTA実績 | トップページ | AS-152 RI0Q Bol'shoy Begichev Island QRV from around 17th Match 2021 »

コメント

山本さん、こんにちは。
TX0Tの運用が正式にIOTAプログラムに反映されるようになりましたね。
昨日から本日に掛けてのLoTWの流れは当局のBlogに記したとおりです。
また、Club LogとLoTWの違いは汎用の認知度の違いと思っています。
Club Logは元来logsearchとしての機能が優れているために、IOTA Activator等の利用者はQSOデータを全部uploadしますが、1度それを行うとAという局はMatching対象とするがBとうい局はその対象にしないという切り分けがシステム上出来なくなるのだと思います。
その点、LoTWはMatching対象局のデータだけをuploadすることにより、IOTA Activator側で切り分けが可能になるというからくりです。
したがって、Club Log Matchingはもう少し先(OSOから半年後)の可能性が高いとみました。
山本さんのQSO分も、LoTWにはuploadされている筈で、Matchingも可能となっていると思われます。

前田さん、ありがとうございます。
きっと前田さんがアドバイスしてくださるのではないかと期待して待っていました。(笑い)
TX0T分のADIファイルを登録したり、なんだかんだで1時間くらいトライしました。VE3LYCへはドネーションのときに「QSL不要、2022年1月に追加申請するのでそれまでにClub Log Matchingを稼働させてください」とお願いしました。返事には「紙のQSL不要とメモしました云々」とありましたのでまさかヒットしないだろうと思いながらのトライでした。理にかなったご説明に感謝します。
いろいろやってみないとまだまだ理解できない部分を感じています。Club Log Matching普及のために頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB5NOF JohnさんのIOTA実績 | トップページ | AS-152 RI0Q Bol'shoy Begichev Island QRV from around 17th Match 2021 »