World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 世界的なQSLカード到着情報確認に便利です | トップページ | AS-207 R207RRC Club Log Matchingに珍事? »

2020年12月12日 (土)

OC-236 7C8M Gusung Toraja Island

昨日にJA6WJL前田さんのブログにて紹介がありました。この朝に詳細を確認するとQSL via YB8BRIとなっていることに気づきました。Ramさんご自身は行かれるのか否か不明でしたが、すぐに2020年1月に作成しましたIOTA-YB Needed Listを確認しました。5名が未交信でしたのですぐにQRZ.comの7C8Mのgmail.comのアドレスへメールをお送りしました。

YB8BRI Ramさんはマカッサルの大学教授です。九州大学にも留学されていました。お嬢さん二人もYC8のコールをお持ちです。福岡の小中学校を卒業されています。3年前に完全にYBへ引っ越しするとのことでRamさんと長女のYayaさんと昼食を一緒にしました。Ramさんは心臓の手術をされたばかりで無理して福岡に来られていました。Yayaさんが岡山本社の教育関係会社の東京支社に入社されていました。

その会社がインドネシアに進出する重要なお仕事を担当されると言われていました。Ramさんは体調が悪そうで心配していましたが、Facebookにてときどき写真を投稿されていて、かなり回復したとみていました。ペディションに同行されるかなどが不明でした。

私のメールには2018年秋からIOTA申請者の新規登録活動を行い、2年後の現在では約70局ほど増えたこと、その中間の2020年1月にIOTA-YB Needed listを作ったこと、その中にOC-236交信希望者が5名おられることを伝えました。2020年2月以降も40局ほど増えていますのでOC-236希望者は10名超になることを伝えました。また、運用における詳細情報を送っていただくようにお願いしました。

IOTA-YB Needed Listのエクセルファイルも添付にて送りました。

RamさんもYayaさんも日本語はOKです。ただし、Ramさんへは漢字はだめでローマ字で文書作成をしています。詳細が届きましたらお知らせします。

なお、Gusung Toraja Islandの位置を調べましたがOC-275 7H9H Habe Islandと同様に見つけることができませんでした。DX-World.netに航空写真が掲載されている通り小島であること、認識されていないためにGoogleMap上で地図作製過程で消されてしまったようです。YBはこのようなケースは結構あります。リゾート開発されたりすると表示されるようになったりします。

« 世界的なQSLカード到着情報確認に便利です | トップページ | AS-207 R207RRC Club Log Matchingに珍事? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界的なQSLカード到着情報確認に便利です | トップページ | AS-207 R207RRC Club Log Matchingに珍事? »