World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「首都圏から一番近い離島、初島」、AS-206 JA2 Hatsu Islandへのプラン | トップページ | 「年末のご挨拶(Seasons of the year)」を48局へ発信しました »

2020年12月25日 (金)

新規IOTA申請局からの1月末追加申請に関する質問

2018年10月からIOTA申請のご提案の活動を続けていますが、昨日に2020年6月に新規にIOTA申請をされました東京在住のOMさんから追加申請に関するご質問のメールをいただきました。私が6月にメールにてご提案させていただき、すぐにIOTA申請をしてくださいました。今回、追加申請の準備をされているということでとても嬉しく思いました。

ご質問の内容は2020年8月にOC-070 YB8XOB局とFT8で交信され、LoTWでもお互いに確認されたそうです。ところが追加申請をしようとするとIOTA-WorldウエブのActivationsリストにはYB8XOBは掲載されていませんでした。当然に同ウエブの自分のIOTAの中の「電子照合可能な運用」にもOC-070 YB8XOBは未掲載でした。

私がIOTAを始めた1997年頃はQSLカードを請求して、受領したQSLカードを送れば追加申請完了でした。また、当時はOC-070運用はYB8XM Joppyさんが独占(?)するような感じであるほど少ない運用でした。しかし、ここ1~2年で人が住んでいるYB-IOTAの島々からいつのまにか開局していることがとても多くなったと感じます。QRZ.comを確認してもYB8XOBは立派なOC-070と思えました。

IOTA Validation TeamのK3EST Bobさんにお願いして、BobさんからYB8XOMへ連絡していただきIOTA OC-070としての受け入れ手続きをしていただくと判断しました。しかし、万一新規申請されたばかりの局に間違えて教えてはいけないと考え、すぐにIOTA Check Point JAのJA9IFF中嶋さんへ確認のメールをしました。

すぐに中嶋さんから返事があり、IOTA Validation TeamのVE3LYC Cezarさんへ連絡すれば対応をとってくれるであろうとの回答をいただきました。

最初にご質問をいただいたOMさんへQSPさせていただくとともに、初めてのことであるので私のほうからサポートしてメールをTeamへ送ってもよいとご返事しました。

3か月ほど前のOC-166 Laut Islandに定住されている10局の件や、OC-070に住んで新しく開局する局が続々と増えています。IOTA Validation Teamへ依頼してもなかには1~2か月かかるようなケースもあると思いますので、1件1件ごとの対応を早め早めに対応いただきたいと思います。皆様のご友人からも同じような質問がでる可能性もありますので取り急ぎ掲載いたしました。

【追記】

例えばIOTA-World.netのAS-007 HonshuやAS-007 KyushuのActivations listに登録されていない局とQSOした場合と変わらないということでしょう。ご本人がIOTA Validation TeamへAS-007やAS-077からの運用であることを証明してもらうということですね。これらAS-007やAS-076 Shikoku、AS-078 Hokkaidoのすべての局へご案内して登録してもらうことと同じ考え方になりますね。

現実には数万局になりますのでIOTA Validation TeamやCheck Pointの業務とすることはきりがなく、申し込みがあれば登録するまでの仕事でしょう。QRZ.comのIOTA番号を記載する場合はそれと同時にIOTA Validation TeamへEvidenceを提出する仕組みが必要のようです。

« 「首都圏から一番近い離島、初島」、AS-206 JA2 Hatsu Islandへのプラン | トップページ | 「年末のご挨拶(Seasons of the year)」を48局へ発信しました »

コメント

山本さんこんにちは、ご無沙汰しております。昨日同い歳になりましたね。HI。同じような件でCezarにメールしましたら、IOTA Validation Teamからは個々のIOTA局にたいして、アクションは取らないので、直接交渉しろと言われました。

澤山さん、こんにちは
貴重なコメントをありがとうございます。結果として同じことですね。そこに住んでいる資料をIOTA Validation Teamに送ればよいということですね。日本でいえば自動車の免許証みたいなものを提出すればよいでしょうね。LoTWの登録をしようとしましたが中座しています。同じような資料提出がありましたね。無線の免許証などでも良いかもしれません。
YB8XOBでトライしてみます。結果はブログで報告します。

はい、CLM,LoTWM可能な局リストに載っていて1か月ルールをクリアしていて、しかもClub LogやLoTWでヒットしている局については調整してくれます。

澤山さん、ありがとうございます。
今しがたYB8XOBへ無線の免許証などが入ってAmbonに住んでいることが分かるエビデンスをVE3LYCへ送るようにお願いしました。
新規提案活動でIOTA申請された局が追加申請をされるときは丁寧にフォローしたいと思っています。とても助かりました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「首都圏から一番近い離島、初島」、AS-206 JA2 Hatsu Islandへのプラン | トップページ | 「年末のご挨拶(Seasons of the year)」を48局へ発信しました »