World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« YB5NOF SKに伴う、そのQSLカード対応の中間報告 | トップページ | IOTA Map活用のオススメ »

2020年12月 8日 (火)

YC4PSG/8 is not OC-262

クラスターに「YC4PSG/8 1103Z 7074.0 IOTA OC-262」と掲載されていましたので調べてみました。

QRZ.comを確認しました。
YC4PSG 
SANGGAR RIANO
GANG DEFITA NO 73 RT 09 RW 04 KEL: DSN KEPAHIANG
KAB : KEPAHIANG - PROVINSI BENGKULU, PC 39172
Indonesia

QSL: eQSL.cc - and Logbook YC4PSG/8
Email: sanggarriano53@gmail.com

とあります。QTHのBengkuluはスマトラ島の南部にある州都です。IOTAはOC-143 Sumatra Islandです。インド洋側の沖にはOC-215 Mentawai IslandsとOC-204 Enggano Islandが横たわっています。

さらにOC-262はSUMATRA'S COASTAL ISLANDS SOUTH です。範囲は次の通りです。
Oc262

スマトラ島の南半分の沿岸がOC-262の領域です。矢印がYC4PSGが住むBengukuluです。そのすぐ沖にOC-262 Tikus Islandが存在します。そのため、QRZ.comのDetailに「IOTA OC-262 Sumatra's Coastal Islands South」と記載されたようです。感覚的には住まいから最も近いIOTAはOC-262 Tikus島だから、OC-262と記載したようです。残念ながら間違いであり住まいはOC-143です。

そして、YC4PSG/8の/8エリアはSulawesiやMalukuエリアとなります。コールサインに間違って/8を付けているのか、あるいはSulawesi等の8エリアに移動中となります。調べましたが8エリアから出ている痕跡はネットでは見つかりませんでした。

クラスターに2度ありますレポーターJQ1QVAさんを探しましたがこちらも詳細がわかりませんでした。結論としてタイトルの「YC4PSG/8 is not OC-262」でした。

« YB5NOF SKに伴う、そのQSLカード対応の中間報告 | トップページ | IOTA Map活用のオススメ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB5NOF SKに伴う、そのQSLカード対応の中間報告 | トップページ | IOTA Map活用のオススメ »