World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« VK-IOTAのWest Oz DX clubを忘れないで | トップページ | 2021年のスローガン:各都道府県からの申請者を複数に! »

2021年1月31日 (日)

AS-207 R207RRC QSL cardの情報 from IOTA-chasers Forum

2020年1月30日にタイトルの書き込みがされましたが、翌日の31日も世界中からPapaer QSLが11月27日に届いた(I5BZ)のレポートが入っていました。他にはQSLカードはまだだがLoTW(Matching)で2020年7月30日にクレジットを得た(AA6RE)など。あとVA7AQから3メッセージが書き込まれていました。

AS-207 R207RRCのQSLを発行するUA3AKO Victorさんは数年前のロシアからのQSLカード回収の困難性を解消された支援者のお一人です。ここ4年ほどで実行されました3つのIOTA DXペディションではすべてに10月初めにきちんとルーティンを守って発行されていました。おそらくコロナ禍の影響で航空便の影響があると思われます。イタリアはおそらく陸路で11月に届いたのでしょう。Paper QSLは待つしかないでしょう。

欧米からの生の声がIOTA-chasers Forumでは届きやすいようです。しかも数行のメッセージ量で無線にかかわる内容ですので丸9年もメールで届くメッセージを毎日見ていますのでおかげさまで辞書はまったく引かなくなりました。言い回しなどもある程度マスターしてしまい流用する力が付いてきました。高校生の頃に大学受験のための英語の勉強がいまごろ役に立っている感覚です。当ブログにもその情報を大いに使っています。

情報の内容もとても身近でそれぞれの要望や気持ちが伝わりやすいです。朝起きて、PCの電源を入れ、まずはメールチェックを行いますが、IOTA-chasers Forumから届いたメールが毎朝数通届いている状態で、英文をさっと読み世界中のIOTAチェイサーのニーズ、IOTAペディショナーからの情報収集を行っています。

どうぞ、多くのJA局にIOTA-chasers ForumのSubscribeをお願いします。無料です。気に入らなければUnsubscribeですぐに退席できます。よろしくお願いいたします。

本日1月31日がIOTA申請の締日です。JAの申請者が世界一位になれると思っています。

« VK-IOTAのWest Oz DX clubを忘れないで | トップページ | 2021年のスローガン:各都道府県からの申請者を複数に! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VK-IOTAのWest Oz DX clubを忘れないで | トップページ | 2021年のスローガン:各都道府県からの申請者を複数に! »