World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« IOTA Check Point JAのホームページが新Webに完全移行されました | トップページ | YB-IOTA List 2021の使い方戦略・戦術 »

2021年1月19日 (火)

OC-298 FO5RH Tatakoto Atollの現状

2019年6月22日にOC-066から分離してOC-298P(当時) Tatakoto Atollが誕生しました。JA-IOTAのAS-206 Honshu's Coastal Islands EASTと同時でしたので記憶に残っている方も多いと思います。

数日後の6月25日にW局が依頼したようでTatakoto Atoll唯一のResident局でありますFO5RH Alanさんがサービスを開始しました。実はそれ以前にも少しずつですが14MHzCWにてサービスしていることがクラスターデータにて確認で歯ます。7月以降も少しずつサービスしてくれるであろうと思っていましたが、半年たち、1年たち、OC-298P FO5RHの記憶も薄れたころにVE3LYCによりTX0Tが運用されました。

昨日の1月18日午後3時ころにVE3LYCによりTX0TのウエブサイトにOC-298 TX0Tの写真を掲載したと投稿がありました。

https://tx0t.weebly.com/gallery.html
50枚でしたが、急いで確認しました。FO5RH Alanさんの情報を得たかったからです。

Fo5rh-1 Fo5rh-2

左側の写真には「アラン(FO5RH、FO0CLA、TX5TES)の家、2エルビーム、および木の後ろのWARCダイポール」とあります。右側の写真はFO5RH Alanさん(左)とVE3LYC Cezarさんです。

一昨年までのクラスターレポートにある14MHzの短縮ビームのようです。14/21/28MHzでしょうか? さらにWarcは10/18MHzというところでしょう。Alanさんはいくつくらいでしょう。Cezarさんより一回り以上でしょうか。俗にいう高齢者に入っておられる感じがします。

数か月前に「リグの調子が悪い、またはリグが故障している」と聞いたような気がしています。

実はVE3LYCはサンフランシスコからPapeeteに入り、そしてそこからTatakotoへ飛びました。帰路は逆です。マップでは次のようになります。

Fo5rh-3

中央の濃い青色の領域がOC-066です。FOシリーズでは最多の島を保有しています。そのOC-066の西側のはずれにTahiti, Papeeteが存在します。逆にOC-298 Tatakotoは東側のはずれにぽつんと位置しています。なんとその間はOC-066の多くの島が惣菜しています。Alanさんも前のコールであるFO0CLAにてOC-066の島々から運用した記録が残っています。

こんかい、OC-066 FO0CLA Tatakoto AtollからOC-298 FO0CLA Tatakotoへクレジットの自動変更がなされ、OC-066のクレジットを失った局も数局おられるようです。

FO5RH AlanさんがOC-298 Tatakoto Atollでサービスを再開していただき、さらにOC-066の島々へ出かけられない者かと思案しております。Hi

 

« IOTA Check Point JAのホームページが新Webに完全移行されました | トップページ | YB-IOTA List 2021の使い方戦略・戦術 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Check Point JAのホームページが新Webに完全移行されました | トップページ | YB-IOTA List 2021の使い方戦略・戦術 »