World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« オンラインIOTA Meetingを企画 | トップページ | AS-152 RI0Q, BOL'SHOY BEGICHEV ISLAND 3月2日出発 »

2021年2月28日 (日)

EU-076 LB5HI Austvagoy IslandのResident stationの紹介

昨日、JA6WJL前田さんのブログに表題の局との交信報告がありました。EU-076 Lofoten Islandsです。私のLA-IOTAで唯一未交信のIOTAです。http://blog.livedoor.jp/ja6wjl/archives/1975582.html#comments

QRZ.comには/MMのコールサインでも登録されています。すぐに状況を調べました。QRZ.comのDetailには1949年生まれとありました。菅総理と同級生です。Show MapではAddressと異なる場所でしたので検索をしなおしてStreetViewにて確認しましたがタワーやアンテナを見つけることはできませんでした。おそらくVertical程度のアンテナでしょう。

2019年に免許を取得され、2020年に開局されたようです。QRZ.comにも寄付をされています。運用はクラスターレポートに14MHzSSB/CW/FT8モードを見つけることができました。最近はFT8が主運用のようでした。Club Logは未登録、IOTAウエブのActivationsには未登録です。前田さんがQSLカード発行とIOTA Activations登録依頼のメールをされています。

私は2002年にEU-076 Lofoten Islandsに実家を持つLA7DHA PerさんとSkedを3年間で200回ほど組みましたが交信できず両者ともに精魂つきました。以来、移動による運用をチェイシングしましたが失敗を続けました。一昨年まではスカンジナビア半島でEU-076のみでしたが、EU-192 SM/OH Kataja Islandが分割して誕生し2件の未交信となりました。なんとしても完成させたいです。

コンディションが今一つですが、久々のResident局ですので数年かけてじっくり取り組みたいと思います。アパマンアンテナAPA-4によるEU-IOTAの交信率は189件中127件(67.2%)交信済の残り62件です。最後に交信したのは2017年10月のEU-190 RI0Fです。(Tnx JA6WJL)

 

 

 

« オンラインIOTA Meetingを企画 | トップページ | AS-152 RI0Q, BOL'SHOY BEGICHEV ISLAND 3月2日出発 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オンラインIOTA Meetingを企画 | トップページ | AS-152 RI0Q, BOL'SHOY BEGICHEV ISLAND 3月2日出発 »