World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 6mIOTA OC-146 YB8RW Dinさんからの返事 | トップページ | YB9BU QSL supportingの顛末 »

2021年2月 7日 (日)

QRZ.com登録時のIOTA番号の間違い

JA6WJL前田さんのブログにAS-100 4X5KR Akhziv Islandの記事が掲載されました。
http://blog.livedoor.jp/ja6wjl/archives/1974834.html

QRZ.comのIOTA欄にもAS-100がエントリされ、まだ開局間もない局のようです。明らかにIOTA番号を間違えられているようです。先月も同様にJA3FYC西川さんよりNA-178 K8SQB の件で同様の事例がありました。そうですね、10年以上前にもOC-034 PapuaのYB局がよく間違えてOC-239と登録していましたので1件1件ごとにメールを送ったり、その近所の知り合いの局に頼んだりして訂正をしていました。最近は歳のせいか訂正の提案が少々億劫になっています。

午後からウォーキングにでかけ、歩きながらどのような対処方法が良いかを考えたりします。今回は歩いている途中にQRZ.comの登録時の該当項目のテキストフィールドに注意書きを付けることをひらめきました。急いで自宅に戻り注意書きまで考えましたのでその対応ができるかいなか確認してみました。

なんと英文の注意書きがすでにIOTA番号エントリのためのテキストフィールドの上に表示されているではありませんか。
「Islands on the Air - Only specify and IOTA designator if you are located on and operating from a recognized IOTA Entity. More information can be found at www.iota-world.org」と。

Google翻訳では「認識されたIOTAエンティティに配置され、そこから操作している場合にのみ、IOTA番号を指定します。 詳細については、www.iota-world.orgをご覧ください」となりますが、分かる人には分かるが少々わかりづらい感じもします。

私がウォーキング中に考えた注意書きは次の通りです。
「ユーラシア、北米、南米、そしてアフリカ大陸からの運用はIOTAに該当しません。それ以外の島からのあなたの運用はIOTAに該当します。次のウエブから注意深く確認してエントリしてください。」

Operations from Eurasia, North America, South America, and the African continent are not IOTA. Your operations from other islands fall under IOTA. Please check carefully and enter from the following web. https://www.iota-world.org/ja/islands-on-the-air/iota-groups-islands.html

と、注意文を変更していただくよう提案したいと考えますが、ご意見をいただければ幸いです。
ご意見をまとめたうえで、QRZ.comへご提案しても隊と思います。

« 6mIOTA OC-146 YB8RW Dinさんからの返事 | トップページ | YB9BU QSL supportingの顛末 »

コメント

山本さん、こんにちは。
いつも当局のフォローをして戴いて感謝です。
実は、当局も何か策はないものかと考えていました。
当局が考えた注意書きは次のとおりです。

「あなたは、島に住んでいますか?もしそうでない場合はこの項目は使用できません。移動して島から運用する場合はその旨をBiographyに書き込んでください」

もう一つ、IOTAの項目を入力した場合は、「島名」の入力を必須にしてもらうことです。そうすれば誤入力をある程度防げるかなと考えていました。

ちょっと難しいでしょうかね。

前田さん、こんにちは
早速のコメントをありがとうございます。ご意見を集約して何人かの方に相談のうえ、QRZ.comへお願いとご提案としてやってみたいと思います。過去にもQSLカードに間違ったIOTA番号を印刷してしまった局や該当IOTAと思って請求したが追加申請に使えなかったというケースは何度も聞いたことがあります。せっかくのIOTAルールですから、より楽しめるように正確性と順守性を高めたいと思っております。

YB8RW OC-146 は昨年6月QSO、CFMしてました。でも少ないですね。
YBIOTAの数にしては・・・ 今年から6mの場合、始めてのQSOならYB局
片っ端からQSOする作戦に変更予定です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6mIOTA OC-146 YB8RW Dinさんからの返事 | トップページ | YB9BU QSL supportingの顛末 »