World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« YB9BU QSL supportingの顛末 | トップページ | KL7RRC/p (NA-070) and KL7RRC (NA-039)への6m operationのチャレンジ (Yuriさんからの返事) »

2021年2月 9日 (火)

KL7RRC/p (NA-070) and KL7RRC (NA-039)への6m operationのチャレンジ

2020年6月に企画されましたN3QQ Yuriさん等における表題のNA-070 KL7RRC/PとNA-039 KL7RRCの運用はコロナ禍の影響で3か月後の9月へ延期され、さらに2度目の延期で2021年6月へとなりました。私のメールを調べてみますと、2020年3月16日にYuriさんよりいただいていました。ホームページを立ち上げてJA専用の募金のためのPayPal設定の相談でした。JA9IFF中嶋さんがサポートしてくださいました。

私はいずれもクレジット済みでありましたので、実質的にはYuriさんへのご支援は何もできていませんでした。ローカルのJH6BPG松尾さんのアドバイスをいただき、YB8RW Dinさんに続いてN3QQ Yuriさんへも本日NA-070とNA-039で6mの運用可能性をリクエストしました。

ご存知の方も多いと思いますが、YuriさんはICOMのV/UHF機器販売の代理店を経営されています。N7ROやNL8F、当然のことながらRussian Robinson Clubのメンバーであります。私は2008年7月に実施されましたNA-234 KL7DX Chuginadak Islandからずっと支援を続けています。かなりのメール交換もさせていただきました。6mの話は一度もしたことはありません。でもV/UHF機を販売されていますので可能性は十分にあるでしょう。

アリューシャン列島のもっともJAに近いNA-070とNA-039ですから6mをやっていただく意義は十分にあると思います。返事を待ちましょう。

 

« YB9BU QSL supportingの顛末 | トップページ | KL7RRC/p (NA-070) and KL7RRC (NA-039)への6m operationのチャレンジ (Yuriさんからの返事) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB9BU QSL supportingの顛末 | トップページ | KL7RRC/p (NA-070) and KL7RRC (NA-039)への6m operationのチャレンジ (Yuriさんからの返事) »