World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« EU-133 UA1ATD/P Kotlin Island | トップページ | IOTA VHF部門へのチャレンジ(IOTA100へのチャレンジを流用する) »

2021年2月 4日 (木)

IOTA VHF 部門へのSupporting

2021年1月31日の期限を迎える1週間ほど前の週末に当ブログの記事にJA1のOMさんからコメントをいただきました。「6mのIOTAを楽しんでいますが数年前に5年間未申請でリスト除外となりましたので支援してほしい」という内容でした。

すぐにCP JAの中嶋さんへ至急に連絡くださいと返信しました。5年間未申請による復活は期限が過ぎるほど復旧可能性が低くなると聞いていました。週明けの月曜日に福岡県太宰府市で6mIOTAを楽しんでおられますJH6BPG松尾さんからお電話をいただきました。前述のJA1のOMさんをフォローされているようでした。JH6BPGさんは2020年5月くらいにIOTA VHF部門においてIOTA申請をされていました。

おそらく、JH6BPGさんがJA1のOMさんへお声をかけられたと直感しました。その翌日にJA1のOMさんから「無事に中嶋さんのお陰で復活でき、IOTA VHF部門において追加申請ができた」との御礼が届きました。6mマンによるIOTA申請が続くことになりました。

昨晩にJH6BPG松尾さんからメールをいただき、調整の結果、松尾さんに私の海外のIOTA友人を介してIOTAからの6m運用を図ることにしました。松尾さんの6mのクレジット済IOTAリストを送ってもらえました。

6mによる7大陸144件の状況でした。すぐに次のことを確認してみました。
①JA-IOTAの未交信はないか、
②OC-001 VKやOC-034 New Guineaなどのアクティビィティの高い準大陸はないか、
③東アジア、オセアニア、NAのResident局がいるIOTAはないか
④過去にSkedを組んでくれた友人が住むIOTAはないか

などの観点でチェックしました。概ね、Resident局の場合です。

移動局へは6m運用を必ずお願いするということでしょう。この場合はJA側の希望局が10局以上必要と思っています。①JH6BPG、②、③、、、の10数局が交信を望んでいるという紹介文になると思います。

一つだけ事例ですが、JH6BPGさんのリストにOC-227 VK4SWE Sweers IslandのLynさんがありました。Lynさんとはもう数え切れないほどSkedを行いました。6mをやっていることを知りませんでした。さっそく、アンテナを確認してみたいと思いのす。

Oc227

以上、5月の6mバンドオープンに向けてIOTA VHF部門のご支援の準備を行います。

【追記】

JH6BPG松尾さんのデータを使用させていただきます。上記①のJA-IOTAでの未交信を確認させていただきましたが、3つありました。
AS-037 甑島、AS-056 男女群島、AS-067 宇治・草垣群島です。AS-037は固定局がおられますが、メールのご返事をいただけません。どなたか6mリグを5月くらいに持参していただきJH6BPGさんとスケジュールを組んでいただけませんか。

昔は、いえ私が学生時代でしたので大昔ですね。井上電機のFD-AM3という移動用のリグでいろいろなところから出ていましたね。甑島は橋が架かって上甑、中甑、下甑を移動ができます。プランをお持ちの方はご一報ください。私の免許は100ワットで固定局のため移動ができません。

« EU-133 UA1ATD/P Kotlin Island | トップページ | IOTA VHF部門へのチャレンジ(IOTA100へのチャレンジを流用する) »

コメント

山本さん今晩は

いろいろと場違いの6mの事で御尽力感謝します、AS-037 甑島の地元局は返信が無いとの事でしたので、お願いメールはしませんでした地元局の中甑は北に山が有るので、移動出ないと多分無理でしょうね。

4月頃になってコロナが落ち着けば、知り合いの移動屋さんが(HF+6m)複数いますのでお願いしようかと思っていたところでした、AS-067 宇治・草垣群島はTEU局が行くのは知っていましたが、IOTAとか知る由もなく、今思えば絶対に6m出ろよ言っていたでしょうね(笑)。

VK4SWE/鈴さんとは偶然に交信出来ただけで、長くやっていればいつの間にか交信出来てるものなんですね、昔から関心が有れば後10位増やせたのでは?と今になり思います、山本さんの人脈でまずは6mも出てる局からの挑戦ですね。

松尾さん、おはようございます
素晴らしい6mIOTAの実績だと思います。
日本の人口も約70年後には半減する予測です。ハムの免許数も毎月1300件ペースで減少しています。そういう意味ではこれから前年並みの100%を維持することはとてもたいへんな時代になってきたと思います。
しかし、アマゾンやグーグルなどはコロナ禍の逆流をうまく乗り切り130%台の売り上げをあげたと数日前に発表されていました。じっとしていると減少の波に飲み込まれていきます。JAのIOTAの申請者数もうまく波に乗れましたがこれからがまたまた大変です。どんどんアピールして活性化をはかる必要がありそうですね。6mIOTAでの楽しみ、喜びを、そして活動をもっとPRしましょう。

こんばんは
お陰様ですべて承認されカードも戻ってきました。
ここ何日かでログ確認や、溜まりに溜まったカード整理をしていたのですが、日本も結構残ってますし
lotwでcfmしてもIOTA番号が載ってない局が居たり、何故かIOTAマッチングに引っかからなかった局も
居て、こまめに確認中です。

私は6mDXCCメインでlotwでOKならいいやとカードも取らなかったりしてたので
きちんとカード請求すればもう少し増えそうです(;'∀')

高柳さま
こんばんは、コメントをいただきましてありがとうございました。
JA6WJL前田さんやJH6BPG松尾さんのお陰で6m-IOTAを考えるようになりました。私の環境が高さ2m弱、横幅7mくらいのマンションベランダからの南向きのスペースしかありませんのでHF用のベランダアンテナAPA-4しか出すことはできません。アンテナはこれで精いっぱいであります。しかし、IOTAトータルで考えれば飛ばないために相手へメールによる提案型のIOTAチェイシングをいたしております。今さら出したがもっと6m運用をお願いしておけばよかったと反省しています。
これからも6m-IOTAの運用を提案し続けたいと思います。JAに6m-IOTAのグループができると提案しやすくなります。ぜひご協力ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-133 UA1ATD/P Kotlin Island | トップページ | IOTA VHF部門へのチャレンジ(IOTA100へのチャレンジを流用する) »