World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« My AS-020 BV om 6m | トップページ | [IOTA-chasers] If you need AS-206 »

2021年5月11日 (火)

IOTA-VHFの勉強中です

コロナ禍の影響もあり、例年IOTA DXpeditionのプランを発表されるペディショナーからの情報があまり目立っていません。古くからIOTA情報の発信を続ける425DXnewsでも毎週のニュースではIOTA reference codeは数件しかでてきません。私がIOTAを始めた1997年以降では初めての経験でしょう。

そのようなおり、タイミングよくIOTA-VHFにチャレンジすることにしました。HFでは半年ほどログが止まっていましたが、50MHzでIOTAチェイシングを4月25日から開始してログが進み始めました。6mSWL用のログにはまず聞いた局を記載しています。取れそうな局はコールもします。まだよちよち歩きのレポートです。

50MHzのバンドプランもほとんどわかっていませんでしたが、10日も聞いているとルールや癖などを少しずつマスターすることができています。諸先輩の皆さんはFT8を勧められます。50MHzのDX clusterを拝見しますと95%はFT8で50313のレポートです。CWでは交信できないのかと思いましたが、50000-50300くらいの間に多くの局が出ていることがわかって安心しました。

季節がら国内はJA8/JA7が中心でオープンしているようです。信号はとても強くクリアで驚いています。JA1も少々聞こえます。AS-023 奄美大島以南もよく聞こえます。現時点ではJA6の北部はGWでよく入りますが、九州南部からJA2東海エリアまではまだ1局も聞こえていません。より強いEスポ待ちというところかと思います。

海外はBVとVR2しか聞こえていません。しかし入感すると、私のAPA-4でも簡単に交信できています。東アジア、オセアニアが入感できればIOTA-VHF100も実現の可能性がありそうです。

IOTA-VHF申請の条件は7大陸のうちの5大陸を含んだ100件です。私はAF/AS/OCの3大陸保有しています。勝負どころは6月30日から7月14日の間にNA-070とNA-039から運用されるKL7RRCでしょう。距離的に最もJAに近いNA-IOTAです。

毎日ワクワク感を感じながら50MHzバンドをワッチしています。聞こえたらSWLログへ書き込みます。IOTAウエブでIOTA Activationsに登録されたの有無、Club Log Matching登録の有無を確認しながら50MHzのデーターベース構築中です。

すでに3局から一緒にやりましょうとご賛同をいただきました。皆さん、30から60くらいの位置だそうです。

JN6RZMのQRZ.com Biographyに「My IOTA-VHF」リスト掲載を開始しました。ご笑覧ください。

Iotavhf-biography

« My AS-020 BV om 6m | トップページ | [IOTA-chasers] If you need AS-206 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« My AS-020 BV om 6m | トップページ | [IOTA-chasers] If you need AS-206 »