World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ヒットしないClub Log Matching、徹底して調べる | トップページ | JARL主催 6m & down contestにてAS-076 JA5を探す »

2021年6月27日 (日)

IOTA-VHF 20に到達

この朝にAS-036 JH7IPR/6 Iki Islandの高橋さんと50.254CWにてコールバックをいただきました。4月25日からIOTA-VHFを開始して丁度2か月で1/5の20に到達できました。最初の頃はワッチに徹していましたのでAS-079などをパスしてしまい今になってコールしておけばよかったと思ったりしています。厚かましいかもしれませんが、ベランダアンテナAPA-4で7月末25IOTAも不可能ではないかなと思い始めました。

6月25日の15JST過ぎにAS-036 JH7IPR/6の対馬からの信号は出ているのが分かるくらいでコールコピーはまったくできていませんでした。高橋さんがご自身のQRZ.comに対馬の滞在と壱岐の滞在時間を記載されていましたので6月26日は完全移動日になるであろうと予測し、この朝から50253あたりを聞いていました。丁度洗濯物をハンガーに通していた時に聞こえ始めました。慌ててベランダへ行きアンテナを振り出しました。

相手の耳が良いので助かりました。ワンコールであっけなく終わりました。おそらく壱岐の第一号ではないかと思います。ありがたいことです。信号はとても強く599で入っていましたがもらったのは559でした。高橋さんも私のことを覚えていてくださりとても嬉しく思いました。

HFのIOTAがコロナ禍の影響などで枯渇状態で、ここ数年は無線は休止状態にちかかったです。IOTA-VHFも「相手のアンテナとコンディション任せ」のスタイルで結構いい加減ですが、なんとか20IOTAに届きました。

そうこうしているとAS-043のresident局からメールが届きました。AS-043は私の指定周波数の勘違いやコロナワクチンの接種の外出などで日延べになりそうです。交信希望がおられましたらメールにてご一報ください。

« ヒットしないClub Log Matching、徹底して調べる | トップページ | JARL主催 6m & down contestにてAS-076 JA5を探す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒットしないClub Log Matching、徹底して調べる | トップページ | JARL主催 6m & down contestにてAS-076 JA5を探す »