World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« SM6CAS Nils SK と彼のメッセージ | トップページ | AS-078 JA8COE on 6m »

2021年6月 2日 (水)

SP5APW JacekさんのIOTA-VHF AS-017 サポート

50MHzにおいて、6月に入った途端にJA8/JA7/JA1などのオープンが無くなってしまいました。AS-007 HonshuはJA9IFF中嶋さんと、AS-078 HokkaidoはJA8COE高橋さんと連絡し合っています。本日もオープンしそうにありません。

そんな中、朝一番にポーランドのIOTA-chaserであり、ペディショナーでもあるSP5APW Jacekさんからサポート依頼のメールが届きました。その内容は「50MHziにおいてAS-017 沖縄のJR6局と6mFT8交信したが、終わり方が決まらなかった」と言うものでした。そのため、メール確認をしたいがQRZ.comではわからないので支援してほしいというものでした。

SP5APW Jacekさんは物凄い親日家です。東アジアのIOTA DXpesitionの実施で大活躍されていますが、現在コロナ禍で停止状態です。いつもXYLマリアさんとご一緒に移動されています。成田に着いたら一番美味してすし屋を紹介するよと言われるほど、奥様はわさびがとても気に入っておられ成田空港のわさび入りのキットカットを買い占めて帰られるそうです。

すぐにJR6局のJARL会員、jarl.com登録の有無を調べましたがJARL会員であることを伝え、via BureauはOKと連絡しました。さらに過去メールを調べますと偶然にもJA9IFF中嶋さんからのメールでHamCallのデータベースで確認できるがログインができないために内容を確認できないというメールを見つけて、SP5APWへ送りました。

そして、JacekさんからはHamCall DBにも住所氏名有り、メールアドレス無しであったが、住所がQRZ.comと異なっていたのでQRZ.comの住所にSASEを送るか迷っているとのことでした。

そこで、JR6局の住所をGoogle MapへPasteし、Street Viewにて建物とアンテナを見つけました。その写真はQRZ.comのヘッドにあるアンテナの写真と同じでしたのでStreet Viewの年月も確認し、「ほぼ間違いなし」のメールをお送りしました。

Jacekさんが6mIOTAをやっていることを初めて聞き驚きました。並びにちょうど私は50MHzにてヒヤリングしたAS-017局へのClub Log Matching登録提案を始めたばかりでした。

日本の郵便で例えますが、片道110円の郵送料。返信料が3~5USD、OQRSの場合は行きの110円が不要ですが、300円から600円が1枚のQSLカード回収に必要になる計算です。さらにCPへ申請するときも郵送の往復を考えなければいけません。AS-017やAS-078でもClub Log MatchingやLoTW QSO Matchingができる局は特定の局です。QSLカード請求に対する返信業務の削減くらいしかありませんが、積極的にClub Log Matching登録を皆さん、ご協力いただけませんか。

« SM6CAS Nils SK と彼のメッセージ | トップページ | AS-078 JA8COE on 6m »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SM6CAS Nils SK と彼のメッセージ | トップページ | AS-078 JA8COE on 6m »